糖尿病予防のために血糖測定器を用意しよう!

糖尿病を予防するためには毎日の血糖値が重要になります。血糖値が高いと糖尿病になるリスクも大きくなりますので毎日血糖値をチェックすることは予防法として非常に効果的です。

一般的に血糖値を測定する場合、病院に行って測定してもらうことになりますが自宅で簡単に測定する方法もあります。その時に使うのが血糖値測定器です。

血糖値測定器とは?

そもそも、血糖値測定器とはどういう物なのでしょうか。これは自分で血液を採取し、その血液を使って血糖値をチェックすることができる機器の総称です。

多くのメーカーが販売していますのでその数は多く、自分で好きなものを選ぶことができます。測定の方法は針を刺して血液を採取し、その血液をセンサーで調べ血糖値を出すという形です。

この時に出た血糖値が高ければ生活習慣を改善したりして血糖値が下がるようにしなければなりませんし、正常な値なら現在のところは安心と言えます。病院で血糖値を測定するのは何かと面倒でなかなか難しいものですが血糖値測定器を使えば自宅にいながら毎日血糖値を知ることができて非常に便利です。

血糖値測定器を用意するには?

では、血糖値測定器はどうやって用意すればいいのでしょうか。もっとも手軽な方法は近くのドラッグストアで購入する方法になるでしょう。血糖値測定器はドラッグストアなどで市販されているものも多くあります。購入するために特別な条件があるわけでもありませんので現在糖尿病でなくても健康維持目的のために購入することが可能です。

測定器本体、そして針とセンサーを購入しましょう。針とセンサーは1回使いきりの消耗品ですので定期的に購入する必要があります。購入したら後は正しい使い方を守って血糖値を測定するだけです。また、病院から借りるという選択肢もあります。

これはインスリン治療をしているなど条件が付くことも多いのですが病院によっては血糖値測定器一式を貸し出しという形で提供してくれることがあります。医師の指導のもとで使うことになりますのでより安心です。

参考:血糖値測定器はどこで購入できるの?