自宅で血糖値を測定する血糖値測定器

糖尿病の治療を進めていく上で、血糖値のコントロールをすることは必須です。しかし、血糖値というのは常々変化しているものであり、いつも一定の数値を示す訳ではありません。

特に薬物療法などを行っていると、その数値の動き方は複雑になるので、コントロールすることも難しくなってしまいます。そこで自宅でも血糖値を測ることは非常に大切だと考えられています。

自宅で血糖値を測るにはどうすれば良いの?

血糖値を測るには血液検査を行いますので、医療機関でないと測ってもらえないと考えている人も少なくありません。

しかし、現在では自宅でも簡単に血糖値を測ることができるように血糖値測定器が販売されています。血糖値測定器には様々なタイプのものがあるのですが、基本的には自分で採血をし、その血液を測定器で測るという流れとなります。

自宅で簡単に行えるものではあるのですが、自分の身体に傷をつけることになりますので、消毒液であったり、清潔な状態で行うことは必須です。

また、本体以外にもセンサーやランセットと呼ばれる消耗品があるので、本体以外にもお金がかかる部分があるのは覚えておいてください。ちなみに針で刺して血液を採血することになるのですが、痛みが苦手という人の場合は尿糖を測定する器械も販売されています。

血糖値を自分で測ることのメリットはあるの?

血糖値を自宅で測ることによって、いつでも測ることができるというメリットがあります。血糖値を定期的に測っておくことによって、1日の大まかな血糖値の流れを知ることができ、効果的にコントロールすることができるのが大きなメリットです。

また、急性症状のように症状が急変する場合でも、自宅で測定をしていれば血糖値が普段とは違う動きをすれば、すぐにわかりますので事前に医療機関に相談することで予防することもできるでしょう。

また、逐一血糖値の値がわかることで、日々の治療による成果もわかりやすくなり、治療について前向きになるという人も少なくありません。他にも合併症などの予防にも効果的なので、できれば自宅で血糖値を測ってみることをお勧めします。

参考:血糖値測定器はどこで購入できるの?