メーカー別血糖値測定器の比較

血糖値を自宅でも簡単に測ることができる血糖値測定器ですが、様々なメーカーから多様なアイテムが販売されていることから、どれを選んで良いのか解らないという人も少なくありません。そこで血糖値測定器のメーカーを幾つか目的別に比較してみます。

とにかく操作が簡単な血糖値測定器が知りたい人へ

血糖値測定器を購入するのは良いのですが、機械の操作が苦手だという人も多いですよね。特に高齢の方や、女性などには多いですし、血糖値測定器そのものも海外メーカーのものだと日本語表示ではないものがあります。

結果、必要に応じて購入したのは良いものの、上手く使いこなすことができないというケースが少なくありません。

そこで簡単に使える血糖値測定器としては、ジョンソン&ジョンソンをお勧めしておきます。カラー画面、日本語表示に対応している機種があり、操作も非常に簡単です。さらにヘルプ機能が充実していることから、わかりにくいこともすぐに解消することができるでしょう。

カラー表示ではありませんが、画面そのものが大きくて見やすいものとしてはロシュ・ダイアグノスティックスというというメーカーのものもお勧めですね。他にも三和化学研究所の血糖値測定器もカラー表示で見やすいと評判です。

とにかくランニングコストの安いものが欲しい

血糖値測定器は血糖値を測るたびにチップセットを利用することになります。これは本体とは別売りの消耗品となりますので、1回ごとに測定するごとにお金がかかってしまうのです。ですので、血糖値測定器を購入する上で、そのランニングコストを考えておくことは重要なことだと言って良いでしょう。

では具体的にランニングコストの低いメーカーなのですが、これは上でもあげたロシュ・ダイアグノスティックスが一歩抜け出している状態だと言えます。

近しいものとしてはバイエル薬品をあげておきます。テルモというメーカーもランニングコストとしては比較的に安価な方だと言えるでしょう。血糖値測定器メーカーとして有名なアボット社の製品もランニングコストは低い方ですね。

参考:血糖値測定器はどこで購入できるの?