痛くない箇所で採血をして血糖値を測定したい!

血糖値を測定するためには血液が必要になりますから必ず機器を使って血液を採取することになります。

血液の量はわずかでいいとはいえやはり痛みが伴い、痛いから自分で血糖値の測定をするのは嫌だという方は実は非常に多いのが現状です。しかも多い時なら1日に数回、これを毎日行うわけですから痛みに耐えるというのも大変です。

痛くない箇所とは?

一般的に血液を採取する場合は指先から採取します。大半の方が人差し指の先から血液を採取しているでしょう。もちろん人差し指以外の指でも構わないのですが痛みに関してはどの指でもさほど変わりません。

ですが同じ指先でも血液を採取する箇所を少し変えるだけで痛みも変わってくることはあまり知られていないようです。指先から血液を採取する場合、指の腹部分の真ん中から採取することが多いと思いますが、これを少しずらして指の腹の脇部分から採取してみましょう。

これだけでも痛みは減るはずです。痛みの感じ方には個人差がありますのでまったく痛くないとは言えませんが、これまでの方法よりは楽になる可能性が高いと言えます。少しでも痛みを軽減できれば毎日の血糖値測定も楽になりますので一度試してみるのもいいのではないでしょうか。

手のひらも痛くない箇所

指先だけでなく、手のひらから採取する方法もあります。こちらも痛みの少ない箇所として知られており、特に子供や高齢者の方がここから血液を採取することがあります。それだけ効果的ということです。手のひらといっても範囲が広いのですが箇所は2つあります。

1つは親指の付け根から少し下がった箇所、ちょうど親指の付け根と手首の間の部分です。もう1つは小指からまっすぐ下に下がった手のひらの端の部分です。この2箇所は指先と同じように血液を採取でき、しかも痛みの少ない部分です。

指先はどうしても痛くて使いたくないという場合はこのどちらかを利用してみましょう。ただし、手のひらは神経が集中していますので間違った箇所で採血しないように十分注意が必要です。

参考:血糖値測定器はどこで購入できるの?