血糖値を下げる運動の前後には準備運動をしよう

血糖値を下げるために運動を行う場合、運動の質が非常に重要になります。長時間、激しい運動を行う必要はありませんので自分のできる範囲で大きな負担にならないよう心がけることも求められます。

ウォーキングなどの軽めの運動を30分ほど行うだけでも十分な効果を得ることができますのでしっかりと準備をしたうえで運動に取り組むようにしてください。

運動の前後には必ず準備運動を

さて、実際に運動をする時ですがまずは必ず準備運動をするようにしましょう。いわゆるウォーミングアップと呼ばれる運動で、体全体を動かすことが大切です。

運動といっても簡単なものでかまいませんのでたとえばストレッチをするとか、ラジオ体操をするとかその程度で大丈夫です。急に体を動かすのではなく、少しずつ動かしていって本格的な運動に備えることがポイントです。

運動というよりは体をほぐすイメージでしょうか。また、運動が終わった後の軽めの運動、クールダウンも重要です。血糖値を下げるためにジョギングをしたとしましょう。ジョギングが終わったら急に体を動かさないのではなく、まずは少し歩くなどしてある程度体を動かし続けるようにしましょう。

徐々に弱い運動に変えていき、最終的に運動を終わらせる形です。疲れた後にさらに体を動かすのは大変かもしれませんが急に運動を止めるとかえって体に負担がかかってしまいますので注意してください。

準備運動の重要性

特に運動に慣れていない方の場合、急に激しい運動をすると体に大きな負担がかかります。これではたとえ血糖値が下がっても健康に良いとは言えません。体の準備をしっかり整えるために運動前後の準備運動は非常に重要です。

あくまでも準備ですから本格的な運動をする必要はなく、本当にちょっと体を動かす程度で十分です。体を温める、体がゆっくり冷ましていくための運動ですのでその点を意識するようにしてください。そうすれば負担も減らせ、さらに運動の効果も高めることができます。