血糖値を運動で改善する

年齢を重ねる中では身体の基礎代謝が落ちる事になります。

昔と変わらぬ量のご飯を食べていたらいつの間にか脂肪を蓄えていることもあるもので、日々食事制限をするなどダイエットに精を出し節制に励んでいる方も多いのです。
またダイエットや血糖値を下げる事を目的に身体を動かし運動することも非常に大切です。

血液中の血糖が高い場合にまずは食事を制限を行う事になるのですが、それだけでは対策として不十分であり身体を動かす事もまた重要になるのですが、身体を動かす事でどのような効果があるのでしょうか。

運動による身体への効果とは

まず運動をした時に身体はエネルギーを必要としますので血糖値が下がることになります。身体を動かす事で糖が消費されてエネルギーとして使われるようになり、これを毎日のように繰り返すと数値の低下に伴い体内で分泌されるインスリンの働きが改善するようになります。

糖尿病やそれに近い状態ではインスリンが不足する症状が出るのですが、インスリンの分泌機能を本来の形に改善させる事が可能になるのです。

また身体を動かしてエネルギーを多く必要とする中では、血液中の血糖が下がるだけでなくコレステロール値や中性脂肪値なども改善するようになり、さらに蓄積した脂肪の燃焼にも繋がりますので、効率よく機能の面からも健康な身体に戻す事が可能になります。

運動不足による筋肉の機能低下

また長く身体を動かしていないと筋肉が徐々に落ちてしまい、基礎代謝が落ちた事で血糖値が上がりやすくなる事があるのですが、筋肉の機能低下による弊害はこれだけに留まりません。

実は身体を動かさず活動量が減ると、筋肉は糖を取り込む能力が低下することがあるのです。糖の取り込みがスムーズに行えなくなると更なる基礎代謝の低下を招くと共にインスリン抵抗性の原因になる事もありますので、活動不足とインスリン抵抗性の関連といった側面からも身体をしっかり動かす事は大切になるのです。