理想的な体重をキープして正常な血糖値を維持する!

血糖値を正常な値に維持するためには体重を減らすことが大切だと言われます。痩せすぎる必要はないのですが、自分の体格に合った適切な体重を維持することが求められるわけです。

血糖値と体重にどのような関係があるのか少しわかりにくいかもしれませんが体重を減らす、維持することは血糖値の上昇を防ぐのにともて役立ちます。

理想的な体重は血糖値を下げる

体重が増加するとそれだけで血糖値は上がりやすくなってしまいます。逆に言うと体重を減らすだけで血糖値を下げることができ、血糖値対策として大きな効果を発揮することになります。血糖値が高い時に病院で痩せましょうと言われるのはこのためです。

たとえば血糖値を下げるために軽い運動を継続して行っているとしても、体重が理想的でなければ血糖値が上がりやすい状態になっていますから根本的な解決を図ることは難しくなります。

運動をすることで体重減少が見込めますが食生活などによっては運動をしても体重が変わらないことがありますので、自分の体重を改めて測り、理想的な体重になるように必要であれば運動にプラスして食生活も変えることが必要になります。

一般的に理想的な体重は身長から110を引いたものと言われていますのでこれを参考に自分の理想的な体重を考えてみましょう。

体重が落ちれば血糖値も正常に

運動や食事によって体重を落とすことができればそれだけで血糖値を下げることができ、しかも血糖値を正常な値に維持することが可能になります。血糖値と体重には密接な関係があることを知り、そのために何をすればいいかしっかり考えることが大切なのです。

体重を落とすことは決して簡単なことではありませんが、高血糖の状態が続けば体に大きなリスクを抱えることになります。健康であることがなによりですので自分のできる範囲で努力しましょう。

とはいえ無理な食事制限などは健康に良くありませんので栄養バランスのとれた食事をしっかりして、運動をすることで体重を減らすようにすることがポイントです。