心臓の持病がある人が血糖値を下げるためには?

血糖値を下げる方法としては運動が代表的ですが、心臓に持病がある場合は運動をすることが難しくなってしまいます。なにか別な方法で血糖値を下げる必要があるわけですがどういった方法があるのでしょうか。

食事療法で血糖値を下げる

運動ができないという場合、食事療法は非常に優れた方法になります。毎日の食生活を変えることで血糖値を下げるわけです。血糖値と食事には密接な関係があり、食生活によっては血糖値を大幅に上昇させてしまう危険があります。

血糖値を上げてしまう食べ物といえば炭水化物です。米や麺類などが該当し、私達日本人は米を主食としていますから炭水化物を摂取する機会が非常に多いと言えるでしょう。食事療法というと高カロリーなものを控え、野菜中心の食生活をするというイメージがあるかと思いますが、血糖値を下げるという観点から見るとむしろ大切なことはいかに炭水化物を抑えるかです。

だからといってまったく炭水化物を摂取しないの栄養バランスの面から良くありませんが、運動が難しい場合はなるべく炭水化物は控えるようにしましょう。そうすることで血糖値の上昇を防ぐことが可能です。

飲み物やサプリメントも血糖値を下げるのに役立つ

食べ物だけでなく、飲み物やサプリメントも活用するのがいいでしょう。たとえばトマトにはリコピンという成分が含まれており、リコピンはインスリンの機能を高めて血糖値を下げる働きがあるとされています。毎日トマトを食べ続けるのは大変ですのでトマトジュースを飲むなどすればより効果的に血糖値対策を行うことができます。

同様にリコピンが含まれたサプリメントを飲むのも良い方法です。トマトジュース以上に手軽に血糖値対策が可能でしょう。持病などでどうしても運動ができない場合、毎日の食事で血糖値を下げることが大切になってきます。緑茶なども血糖値を下げるとされていますので食べ物だけでなく飲み物、サプリメントも上手に活用していくようにしましょう。