食後は軽い運動をして血糖値を下げよう!

血糖値が1番上がりやすいのが食後です。食事によって糖分を摂取していますから自然と血糖値も上がっていきます。そのため食後に軽い運動をすることで血糖値の上昇を抑えてあげれば効率良く血糖値を正常な値に保つことができるのです。軽い運動ですから食後でも辛さを感じることがなく、誰でもできるのが大きな利点です。

食後は軽い運動で血糖値を下げよう

食後といっても食べてすぐに運動をする必要はありません。血糖値も食後、胃で食べ物が消化され始めてから上昇することになりますので1時間ほどの休憩をとり、その後から運動を開始するようにします。

どんな運動が適しているかですがこれは有酸素運動がおすすめです。血糖値を下げやすい運動の方法で、しかも体に大きな負担をかけずに済むからです。具体的にはウォーキングが非常に優れた運動と言えます。普段歩く時よりは少し速めに歩く必要がありますが体力に自信がなくてもできますし、激しい運動ではないため続けやすいという特徴もあります。

時間としては30分から1時間を目安に食後に歩くようにしてみましょう。これだけでも継続して行うことで血糖値を効果的に下げることができます。

継続して運動することが大切

運動はたまにすればいいというものではなく、ある程度継続することが大切です。毎日はどうしてもできないという場合でも週に2、3度はウォーキングなどの軽めの運動をするように心がけましょう。だからこそ軽い運動、つまり苦にならない運動をすることがポイントになります。

激しい運動だとどうしても長続きしませんので自分が長く続けられる運動を見つけることが第一歩になります。ウォーキングは万歩計を使うことでその日の成果も視覚的に感じることができますのでモチベーションも保ちやすい運動です。ウォーキングも辛いという場合は天気が悪くてウォーキングができないという日は室内で軽めのストレッチをするのもいいでしょう。とにかく体を積極的に動かすことが重要です。