血糖値を下げる効果が一番いい運動のタイミングは?

運動は健康を維持して身体の機能を高めるために最適な方法になります。ただ一口に運動といっても何を目的にするかによりトレーニングを行なうタイミングは大きく異なり、例えば筋力トレーニングでは効率的な筋肉の肥大を求めて48時間ごとのトレーニングが推奨されています。

またそれ以外にも脂肪を落としたり血糖値を下げる事を目的に身体を動かす場合もあるのですが、こうしたケースでは血糖を下げる効果が一番高いタイミングはいつになるのでしょうか。

一番効果的な身体を動かすタイミング

食事に伴い血糖値が上昇する中では早急に数値を落とす事が重要であり、その方法として運動は手っ取り早く確実な方法となります。ただその一方で食事後に身体を動かしたりトレーニングをするとお腹が痛くなる事やパフォーマンスが落ちる事もあります。

これは消化にエネルギーが使われているためで食事後には避けて通れない生理現象となるのです。ただ消化はいつまでも継続するわけではなく、食後30分経過した後から今度は糖分が吸収される時間帯に入ります。この時間帯こそがまさに一番効果的な身体を動かすタイミングであり、食後30分~1時間までの間に有酸素運動を行なうと良いでしょう。

もっとも効率的な身体の動かし方

また身体を動かすトレーニングは様々あるもので、一般的にはウォーキングやランニングが盛んに行なわれています。ただ同じ身体を動かすのであればもっとも効率的な方法で動かしたいもので、そうした時には水泳がお勧めされます。

水泳はカロリー消費量が非常に大きいスポーツである事は広く知られており、食後の血糖値を下げる事にも優れているのですが、なぜ水泳は効率が良い方法になるのでしょうか。

まず水泳は全身を激しく動かし泳ぐ有酸素運動になるのですが、それだけでなく水中では体温が奪われることになり、身体は発熱して体温を維持するためにもエネルギーを使う事になるのです。また泳ぎが苦手な方でもプールにはウォーキングのためのレーンが設けられていますので、こちらを利用した場合も効率的に血糖値を下げる事が可能です。