血糖値を下げるための運動の頻度は?

継続的に運動をすることでインスリンの感度を高め、さらにダイエット効果もあることから血糖値を下げることができます。非常に優れた血糖値対策と言えるのですが継続的な運動とは具体的にどのくらいの頻度で行うべきなのでしょうか。

運動の頻度は毎日が理想

体を動かすことで一時的にインスリンの感度が高まり、より効果的に血糖値を下げることができるようになります。ポイントになるのは一時的にインスリンの感度が高まるという点です。

一度運動をしたらその後継続して効果を得られるわけではありませんので血糖値を下げるために運動をする場合は毎日行うのが基本となります。毎日だと大変そうなイメージがあるかもしれませんが激しい運動をする必要はありません。あくまでも体を動かすことが目的になりますのでウォーキングやジョギング、体操など無理なくできる運動選ぶことも大切です。

もちろん、体力に自信のある方はもう少し負担の大きい運動でもかまいません。要はどんな形であれ運動をすることが重要になりますので自分のできる範囲で、そして継続して行える運動を見つけるようにしましょう。

普段運動をしていない人が急に激しい運動をするとかえって体に良くないことがあります。ちょっとした運動でも十分に効果を得ることができますので頑張りすぎも良くありません。

毎日の運動が難しい場合

毎日運動することが理想と言いましたが、お仕事の関係や自分の体力から毎日の運動がどうしても難しい場合もあると思います。こうした場合は無理に毎日する必要はありません。たとえば1日おきだとか、少しペースを落とすことも必要でしょう。ただし、あまりにも運動する頻度が少なくては血糖値を下げることはできません。

少なくても週に2、3度は運動する時間を作るようにしましょう。仕事が休みの週末や、仕事終わりに家まで歩いて帰る日を作るなどすれば無理なく運動を継続することが可能です。これくらいの頻度でも血糖値をしっかり下げることができます。