大塚製薬「賢者の食卓」

ポカリスエットなどで有名な大塚製薬が販売しているサプリメントに賢者の食卓というものがあります。この賢者の食卓では糖分や脂質の吸収を抑えるという効果が期待できるので、食後の血糖値コントロールをしたい人にはお勧めです。

大塚製薬 賢者の食卓が効果的な理由について

大塚製薬が販売する賢者の食卓では主要成分に食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内でも簡単に吸収されないことから、摂取すると脂肪や糖質が腸内で吸収するのを抑制する働きがあるのです。

賢者の食卓で使われているのは難消化性デキストリンと呼ばれるもので、デンプンの1つです。もともとは不足しがちな食物繊維を補うことを目的に作られた成分になります。

糖質や脂質の吸収を抑制するだけではなく、他にも整腸作用であったり、ミネラルの吸収を手助けしてくれる効果があることから、便秘に悩んでいる人が利用するのも良いでしょう。

賢者の食卓で使われているデキストリンって安全なものなの?

もともと難消化性デキストリンはとうもろこしから作られたこともあってか、かなり安全な成分だと言って良いでしょう。

日本では厚生労働省がその安全性を認めており、アメリカでもFDAという公的な機関が安全な食品素材として認定いているくらいですので、安全性については問題ありません。

基本的に副作用などはありませんが、多く飲んだからと言ってより血糖値が多く下がるものでもないのは理解しておいてください。賢者の食卓の場合は1日に3回が目安となっていますので、決して飲みすぎないようにしましょう。飲みすぎてしまった場合は下痢を起こしてしまう可能性もあるので、十分な注意が必要です。

賢者の食卓の服用方法としてはとても簡単です。スティックタイプになっているので、食事時のお茶などにサッと溶かしてしまうだけで服用できます。

変に味を変えるということもなく、においもありませんのでお茶だけではなく、お味噌汁やスープに混ぜても大丈夫です。また、冷たいお水でも簡単に溶かすことができるので、外食時に利用することもできるでしょう。