食事の調理方法を工夫してカロリーの吸収率を抑えよう

ダイエット料理といえばすぐに、高カロリーの食材を選ばないことが大切だと思われるかもしれません。確かにそれも重要なことですが、しかしそれ以外に、食事の料理方法を工夫することでカロリーの吸収率を抑えることも大切です。

良い食材を選び、なおかつ高カロリーにならない調理方法を工夫すること、これによって理想的なダイエット料理が作れるようになります。

カロリーの吸収率を抑える調理法とは

具体的な方法はいくつかありますが、例えば、油を使ったフライパン料理を行うとき、クッキングペーパーを利用するという方法があります。これはクッキングペーパーに油を浸してからフライパンにのせるということですが、こうすることによって油の使用量を抑えることができるのです。当然、こうした方法で作られたフライパン料理は、低カロリーのダイエット料理に変身します。

また、魚や肉を調理するときに、油を使わないホイル焼きで調理するのも低カロリーにするコツです。ホイル焼きにすれば、それだけで余分な油を使わなくてヘルシーですが、アルミホイルを長めに使用して空気を入れて包めば、早く加熱できるので効率のいい調理が可能になります。

牛肉、鶏肉、豚肉の調理では、グリル焼きにすることによって、油を使う必要はなく、外はカリカリで中はジューシーになるという理想的な調理ができます。他にも、油の切り方、野菜の切り方によっても脂肪の吸収率を抑えることができます。

選んだ食材に合った調理方法を学ぶ

このように、低カロリーの食材を選ぶだけではなく、選んだ食材を調理法を工夫することによって、ダイエット料理に変身させることができるという点を覚えておきましょう。

実際、食材の選び方だけではなく、調理方法によって脂肪の吸収率がかなり変わるという調査データがあります。ここではほんの一部の事例を紹介しましたが、実際にはもっとたくさんのダイエット調理方法がありますので、ご自身が選んだ食材やメニューに合わせて、脂肪の吸収率を抑える方法をチェックしてみてください。