スナック菓子の食べ過ぎに注意して血糖値を抑えよう

スナック菓子が大好きだという人は、どんなスナック菓子を食べるか、また食べる量について、いつも気を付けておかなければなりません。なぜなら、スナック菓子は糖分とカロリーが豊富であり、たくさん食べると容易に血糖値を上げてしまうからです。

そのうえ食事もして、お酒まで飲むとしたら、ますます血糖値が大変なことになってしまいます。ですから、スナック菓子を食べるとしても、どんなものをどのぐらい食べるか、血糖値を意識しながら食べ方を工夫することが必要です。

血糖値を上げないお菓子とは

具体的な対策としてはまず、なるべく血糖値を上げない商品を購入して食べるということです。お菓子と一口にいってもいろいろな種類や商品があり、その中には特に脂質やカロリーをたっぷり含んだものもありますが、そうじゃないものもあります。

例えば、和菓子は洋菓子に比べてもカロリーが低いといわれていますので、洋菓子中心の人は和菓子に切り替えることによって、血糖値を抑えていくことができるでしょう。基準となるのは脂質の量とカロリーなので、何も和菓子が全ていいというわけではありませんが、全体的に比較してみると、洋菓子より和菓子のほうが脂質が少ないものが多いということです。

お菓子の選び方と食べる量に注意する

というわけで、和菓子じゃなくてもカロリーが低いお菓子はあるので、そうしたものを選んで食べるのもいいでしょう。

最近は特に健康志向が高まってきているので、洋菓子の中でもカロリーの低いノンフライの商品がいくつも販売されるようになりました。そういうものであれば十分に脂質を抑えた間食ができるので、血糖値を抑えるためにはそういうお菓子を選ぶようにしてください。

このようにカロリーが高いと思われがちなお菓子であっても、食べるもの、また食べる量に気を付けることができれば、血糖値をコントロールすることができます。ちなみに、いくら脂質を抑えたお菓子であっても、食べる量を増やせば高カロリーになってしまいますので、その点は注意しながらセーブして食べるようにしなければなりません。