野菜たっぷりのサラダを食べれば血糖値を下げる事ができる?

糖尿病になることを恐れる人にとっては、どんな食事をすれば血糖値を下げられるのかということが日々のテーマになります。

なぜなら、食事によって取り入れるもの、その質によって血糖値は左右されるからです。当然、血糖値を上げる食材とそうじゃない食材があるわけで、このうち糖尿病になることを恐れる人は、血糖値を上げない食材を積極的に摂る必要があります。

食物繊維を含むサラダは血糖値改善に有効

血糖値を上げない食品といえば、野菜たっぷりのサラダがいいといわれますが、これは本当でしょうか?結論からいえば、食物繊維をたっぷり含んだサラダについては血糖値を上げない食材であるということができます。

食物繊維はサラダだけではありませんが、いずれも腸内における糖分や脂肪分の吸収を抑える作用があり、血糖値の急激な上昇を防いでくれるのです。

レストランなどで食事の最初にサラダが出されるのはこのためで、食事の最初にサラダを食しておけば、その後に食べるご飯などの炭水化物を摂りすぎないようにすることができるのです。そうしておけば結果として血糖値の上昇を抑えることができるので、とても良いというわけです。

血糖値を上げてしまうサラダもある

しかし、サラダについては一つ注意しておかなければならないこともあります。それは、サラダと名前は付いていても、中には血糖値を上げてしまう食材が含まれていることもあるということです。

例えば、ポテトサラダはそのいい例ですが、ポテトサラダの材料はじゃがいも、じゃがいもはでんぶんの塊、でんぷんの塊ということは炭水化物がたっぷりです。炭水化物が血糖値を上昇させることはよく知られていますから、結果としてサラダでありながらポテトサラダについては、高血糖改善にあまり役立てることができないということになります。

このようにサラダと一口いっても、食材によって血糖値を抑えてくれるものと上げてしまうものとがありますので、食べる前に材料をよく確認しておくようにしましょう。見分けるポイントになるのは、炭水化物が含まれているかどうか、そして食物繊維がたっぷりかどうかということです。