いくら飲んでも血糖値を上げないお酒ってあるの?

血糖値が上がらないようにと、できるだけお酒を飲まないようにするのはいいことですが、日々の楽しみとしてどうしても飲まないわけにはいかないという人もいます。

それでもやはり血糖値の上昇は注意しなければなりませんので、こういう場合はどんなお酒を飲むか、またどのように飲むかが重要になってきます。

必要なことは、せめて血糖値の上昇を抑えられるお酒を飲むこと、またそのような飲み方を行うということです。お酒の中には血糖値が上がりやすいもの、上がりにくいもの、飲み方においても血糖値が上がりやすい飲み方と、そうじゃない飲み方があるといわれています。

毎日お酒を飲む人は、この点をよく勉強して、少しでも健康的な飲み方できるように注意しましょう。

血糖値を上げないお酒はある?

まず血糖値を上げないお酒について考えてみたいと思いますが、一般的には糖質の少ないお酒が血糖値を上げないといわれており、その観点でいえば、日本酒、ワイン、ビールなどは糖質を含んでいるから血糖値が上がりやすい、一方で焼酎、ブランデー、ウィスキーなどの蒸留酒は糖質を含んでいないので、血糖値は上がりにくいといわれます。

ということは、糖質の量から考えて、日本酒やビールよりも、焼酎やブランデーのほうが血糖値改善のために良いということになるのでしょうか。

お酒を選ぶときの考え方について

実は話はそう単純ではなく、血糖値のことを考えてお酒を選ぶ場合は、糖質の量だけではなく、アルコール濃度やその他の成分、感受性、インスリン分泌のことなど、いろいろな影響力を考えなければなりません。

糖質の量は一つの要素ではありますが、それだけが糖質の量を左右しているとういわけではないのです。例えば、芋焼酎は血糖値上昇の予防に効果的といわれ、それを飲む人も多くいますが、しかし全ての人にとって芋焼酎が血糖値改善に繋がるわけではありません。

すでに述べたように、アルコール濃度など糖質以外の要因や感受性への影響、そしてお酒の飲み過ぎによって生じる偏食や過食、肝臓に負担のかかる飲み方なども、血糖値上昇の誘因となります。

このお酒を飲んでおけば血糖値が下がるという単純な図式ではないので、飲み方を含めたトータルな視点で捉えることが必要です。