1日3食規則正しく食べることを心がけて血糖値を改善しよう!

血糖値の改善を目指すためには食事の仕方が大切です。場合によっては食事制限をすることもあるのですがこの場合の制限は食事の数を減らすという意味ではありません。毎日3回しっかり食事をすること、それでいて栄養バランスに気をつける、これが血糖値の改善に必要な食事の仕方と言えます。

1日3食の規則正しい食生活が血糖値を正常にキープするコツ

血糖値を正常にキープするためには1日3食、規則正しく食べることがもっとも重要です。血糖値は食事をすることで上がりますから下げるなら食事の数は減らした方が良さそうなものですがここに落とし穴があります。食事の数を減らせば空腹感はより強くなり、1度の食事で大量に食べることに繋がってしまいます。たとえば朝、昼と食事を抜けばその分夜にたくさん食べてしまうものです。

1度に大量に食べるとその分だけ急激に血糖値が上昇してしまいます。朝と昼に食べなければそれだけ血糖値は下がった状態になりますが夜に急激に上がるのでは意味がありません。3食しっかり食べることで血糖値の上昇を緩やかにすることがポイントです。だからこそ食事は3食しっかり食べなければいけないのです。これは健康維持の面からも重要なことです。

血糖値改善のために栄養バランスには気をつける

3食しっかり食べるといってもやはり栄養バランスは大切です。特に炭水化物は血糖値を上げる大きな原因になりますので過剰に摂取しないように意識しましょう。血糖値というのは血液中のブドウ糖のことですがブドウ糖は炭水化物に豊富に含まれているからです。肉、野菜、魚、豆など、あらゆる食材をバランス良く食べ、同時に炭水化物も適切な量だけを食べるようにしましょう。

この点に注意することで血糖値の急激な上昇を避け、常に適切な血糖値をキープすることが可能になります。同時に運動をして血糖値を下げるようにすれば対策としては万全です。血糖値改善には体重を減らすことも必要になる場合がありますがその時も食事はしっかりと食べましょう。