炭水化物と脂質をとりすぎると血糖値が上昇する!?

多くの人が勘違いしていることに、高カロリー食は高血糖につながるから、カロリーを控えればいい、ということがあります。実は血糖値を上げるのはカロリーの数値ではなく、食べ物に含まれる栄養素の比率です。その一例が炭水化物と脂質の2つの栄養素になります。

血糖値を上げてしまう炭水化物

炭水化物は体のエネルギー源となり、元気に活動するためにも必要不可欠な栄養素です。ですから食べることには何も問題はないのですが、血糖値が上がる原因として、炭水化物が消化されることでできるブドウ糖が増えすぎることがあります。ブドウ糖は血糖となり、インスリンによって体中の細胞や器官などに運ばれます。

しかしブドウ糖が必要量を上回ってしまうと、血液中にブドウ糖があふれ出し、高血糖になってしまうのです。炭水化物を含む栄養素は白米、パン、麺類、イモ類、果物や砂糖などになります。

では炭水化物を食べなければ良いのかというとそういうことではなく、まったく食べなければエネルギーが作られませんから、気だるい、やる気がないといった状態に陥ってしまいます。たとえば炭水化物を含む食べ物の中でも血糖値の上昇を穏やかにしてくれる全粒ライ麦パンや玄米などを取ると良いでしょう。

エネルギーの配達を阻止する脂質

肥満の人は血糖値が高い、と言うことを聞いたことがある人も多いと思います。確かに高血糖や糖尿病の人には肥満体型の人が多く、医療機関を受診すると痩せるように指示されます。

なぜ脂質が多いと高血糖につながってしまうのかと言うと、通常インスリンによって細胞や内臓、器官などにエネルギーとなるブドウ糖が運ばれるのですが、脂質はこのインスリンの働きを阻害してしまい、本来運ばれるはずのブドウ糖の量が減ってしまうのです。

本来運ばれるはずのものが運ばれないと言うことは血液中に残る、ということになりますから、血糖値は当然上昇します。脂質は油やお肉などに含まれていますが、適量を守れば問題ありません。脂質を控え、血糖値の上昇を抑えるように食生活を改善しましょう。