血糖値を上げる食品は炭水化物だけ!?

血糖値を上げるとしてよく知られているのは炭水化物ですが、他にも血糖値を上げる食品があります。しかし炭水化物以外にも血糖値を急激に上げる食品がありますので、見てみましょう。

炭水化物はなぜ血糖値を上げるのか

炭水化物は血糖値を上げる食品の代表的な一例です。炭水化物にはご飯、うどん、そば、パスタといった主食をはじめ、じゃがいもやサツマイモといったイモ類に含まれています。なぜ炭水化物を取ると血糖値が急激に上がるのかと言うと、炭水化物は体のエネルギー源となる糖に変化するからです。炭水化物が体に入ると胃で消化され、ブドウ糖に変化します。

ブドウ糖が変化すると腸から血管内へ吸収され、血液の中は血糖でいっぱいになります。このいっぱいになった血糖と結合し、各器官、内臓へ運ぶのが、膵臓のランゲルハンス島から分泌されるインスリンです。インスリンによって血糖がエネルギーとして運ばれることで、血液内の血糖は安定した数値に戻り、コントロールできている状態と言えるのです。

しかし炭水化物を取りすぎると余分な血糖が血液内にあふれ出し、インスリンでは対処しきれなくなります。血液内で血糖があふれている状態は高血糖であり、糖尿病予備軍と呼ばれています。

他に血糖値を上げてしまう食品

血糖値を上げる食品で他に知られているものに脂質とたんぱく質があります。この2つは炭水化物とは働きが違うのですが、肝臓に蓄えられてブドウ糖に変化します。つまり脂質もたんぱく質もエネルギー源となるということですが、この2つは空腹時にエネルギーを補給するために肝臓で蓄えられるものです。

実はこの肝臓に溜め込んだブドウ糖は、数日間水だけで過ごしても脳に障害を起こさない理由となっているのですが、蓄えすぎるとやはり血糖値は上がってしまいます。炭水化物ほど吸収率は高くないのですが、溜め込んだ脂質はやがて脂肪肝へと変化し、インスリンによるブドウ糖の運搬を阻害してしまいます。

このように、血糖値を上げる食品は意外とあるのですが、一切食べないと言うのは間違いです。何事もバランスよく、栄養を万遍なく取ることが大切なのです。