手術後は高血糖になりやすい!?命に危険はないの?

血糖値が上がる原因としてよく知られているのは栄養バランスの悪さや運動不足ですが、実は他にも原因があります。それは遺伝や生活習慣、そして手術です。一見すると手術と血糖値は関係が無いように思えますが、なぜ手術を受けると血糖値は上がってしまうのでしょうか。

手術後は外科的糖尿病になり高血糖が上がる

手術を受ける人全員ではありませんが、手術を受けた後は外科的糖尿病という血糖値が高い状態に陥る可能性があります。

手術侵襲によってストレスが生じ、これに対抗するためにインスリン拮抗ホルモンであるカテコールアミンやコルチゾール、グルカゴンなどが大量に分泌され、さらに肝臓ではグリコーゲンが分解されることでブドウ糖を作り出す糖新生の促進、さらに抹消でインスリン拮抗が起こるために血糖値が上がります。

つまり手術によって体が受けたストレスに対抗するため、自然と体が防御するのです。普段私たちが怪我をしたときにも、怪我を修復しようとエネルギーが大量に消費されます。

大きな手術となれば傷口も大きいですから、エネルギーは普段以上に多く必要とされるのです。このエネルギーは当然ながらブドウ糖つまり血糖ですから、血糖値が上がりやすくなるのです。

元々血糖値が高い人は手術を受けても大丈夫なのか?

「手術をすると血糖値が高くなる可能性がある」ということは。元々血糖値が高い人や糖尿病の人は手術を受けても大丈夫なのか?という疑問が生まれます。

手術後、血糖値が上がると普段高血糖だというのにさらに血糖値が上がるわけですから、病院側は注意深く観察しなければなりません。手術後の外科的糖尿病が併発すると、糖尿病の症状が悪化することも多く、細心の注意が払われるのです。

観察研究結果によって、血糖値が高い人は生態防御反応が鈍く、術後の感染症や合併症にかかる割合が健常者に比べて高いことが分かっています。今増えている2型糖尿病患者の場合、現在どのような治療を行っているかによって対処法も変わります。

たとえば食事療法をしている人なら追加治療はしなくても食膳血糖が200mg/dlを肥えればインスリンを投与する、経口血糖降下薬を飲んでいる人は手術前日と当日の服薬を中止、述語はインスリンで管理する、インスリン注射をしている人はグルコースの天敵をしながら速効性インスリンを投与するといったことが行われています。血糖値が元々高い人は手術前の医師の話を良く聞き、リスクを理解することが大切です。

血糖値が気になる方に!!

健康の為に食生活を変えたい!! でも変えられない(>_<)
そんなあなたに世界で唯一認められた田七人参、「白井田七」を!
(白井田七は国際有機認証団体より有機認証を唯一取得した田七人参です)

白井田七の詳細はこちら