上手に溜まったストレスを発散できないと高血糖になる!?

高血糖の原因は生活習慣や食生活、運動不足などと言われていますが、実はストレスが溜まることでも血糖値が上がるとされています。以前はストレスによる糖尿病はないといわれていたのですが、最近の研究でストレスによって血糖値を上げるホルモンが分泌されていることが分かり、慢性的なストレスが糖尿病につながっていると言うことが分かったのです。

ストレスが高血糖につながる理由

ストレスを受けると人の体はストレスを解消しようと抗ストレスホルモンを分泌します。そのホルモンの中にはコルチゾル、カテコラミンといった血糖値を上昇させるものも含まれており、様々なストレスによって血糖値のコントロールが失われてしまうのです。

さらにストレスを解消するために暴飲暴食をしたり、朝まで寝ずに遊んだりと不規則な生活を送ると余計に血糖値は上がります。現代病ともいえるストレスと糖尿病は密接な関係があるのです。

ストレスが体に及ぼす影響

ストレスは突然訪れることも多く、たとえば危険にさらされたときにも瞬時にストレスが発生します。瞬間的に正しい判断をしなければならないなど、体温、血圧の上昇に心拍数の増加、筋肉の緊張に血液量の増加から、エネルギーを大量に必要とし、血液中にブドウ糖や脂肪が放たれるのです。

もちろんすぐに終わるストレスなら問題ありませんが、常に緊張感が高まる仕事についている、精密な操作を求められる仕事をしている、間違った判断をしてはいけない仕事をしている、受験を控えているなどといったストレスが続くと血糖が血液中に溢れていることが常態化し、血糖値も高くなってしまいます。

さらに慢性的なストレスはコルチゾルが常に分泌され、高血糖状態を持続します。すると体中の臓器に多大な影響を及ぼし、糖尿病にもつながってしまうのです。ストレスは体にとって害となることが多く、またストレスによって発生する活性酸素もランゲルハンス島を衰退させます。ストレスは適度に解消することが高血糖の予防につながるのです。