血糖値の正常値と数値が異常になる原因

血糖値が気になる方は正常値を把握しておくと良いでしょう。しかし血糖値の正常値を知っているからと言って、血糖値の管理が上手くいかなければ当然血糖値は上がってしまいます。ではなぜ血糖値は異常な数値を表すことがあるのでしょうか、その原因についてご説明いたします。

血糖値の正常値とは

血糖値は空腹時100未満が正常値、110未満が正常高値、食後140未満が正常範囲となり、この数値を上回ると高血糖となります。

血糖値が低ければ低いほど良い、と思う方もいますが、低血糖の症状が進むと痙攣を起こし、命の危険性が出てくることもありますから注意が必要です。また高血糖の状態が続き、詳しい検査を受けた結果、糖尿病と診断される人が今急増しています。

糖尿病は成人病の一つで、血液に血糖が溜まった状態を指します。血糖が溜まると血液はどろどろになり、血管壁にはりついて動脈硬化などを引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞、心筋症などを引き起こす恐ろしい病です。糖尿病を引き起こさないためにも、血糖値の正常値を知り、上げないことが大切です。

なぜ血糖値が異常になるのか

血糖値の数値がなぜ異常になることがあるのかというと、原因はいくつかありますが大きな原因は膵臓が機能していないことです。血糖値が上がるというのは、血管の中に血糖があふれている状態と言うことです。

通常血糖はエネルギーとして消費されるために、ヘモグロビンによって体中の細胞に運ばれます。しかし余分な血糖は血液中に残ったままとなりますから、血液中の血糖の割合を示す血糖値は当然異常な数値を示すと言うことになります。

また血糖値を下げるためにインスリンが通常であれば分泌されるのですが、膵臓の機能が衰えてしまうとインスリンの分泌もままならなくなってしまうため、血糖値は上がった状態を維持してしまいます。血糖値の数値が異常にならないためには、日常生活や食生活に気を配り、規則正しい生活習慣を身につける必要があるのです。