大豆類を食べると血糖値が上がりやすい!?

血糖値は上がりやすい食物とそうでない食物があり、大豆類は血糖値が上がりにくい食物に分類されます。とはい多量に摂取していては血糖値が上がりやすくなってしまいますので、バランス良い食事摂取が大切になっていきます。

血糖値が上がりやすい食物

基本的に黒い色の食品は血糖値が上がりにくいと言われ、白米やうどんなどは逆に血糖値が上がりやすい食物に分類されます。

他に砂糖や食パン、じゃがいもなども血糖値が上がりやすい食物になっていますが、適量の摂取であれば問題はありませんので、偏った食事をしていないかがポイントになります。血糖値が上がりやすい食物というものはあるのですが、それだけ避ければ問題ないというわけではありません。

食事の摂取の順番にもポイントがあり、血糖値の上昇を緩やかにしたい場合は野菜、タンパク質、炭水化物の順番で摂取する事で血糖値の上昇を防ぐ事が出来ます

毎食野菜を摂取することも大切ですし、食物繊維の摂取も進めていきましょう。血糖値を上げる代表的な食物は淡水貨物であり、肉類などでは血糖値は上がりにくいですのでカロリーの高いものではなく炭水化物の過剰摂取に最も注意が必要なのです。

血糖値を下げたい場合の食事内容

血糖値を下げたい場合食事内容で最も注意すべきものはブドウ糖の原料である炭水化物であり、数個のおにぎりより肉類と野菜を含んだ定食類の方が血糖値は上がりにくいです。肥満対策としてはカロリーコントロールが重要なのですが、血糖値に限れば炭水化物の摂取に注意すべきなのです。

実際に肥満の割合が高い国と言えばアメリカですが、糖尿病に関しては日本より発症率は低く、カロリーの高いものが糖尿病の原因であるとは限りません。インスリンを分泌するすい臓への負担を減らす事が重要になっていきますので、早食いや一気に多量を食べるなど、血糖値が急激に上がる食事のやり方は避けるべきでしょう。

また食事内容に関してはバランスの良い食事が理想的とされており、偏らないように配慮する事が必要になります。現在では不足した栄養素をサポートするサプリメントなども販売していますので、そういったアイテムで不足分を補充する方法もお勧めです。