コーヒーの飲み過ぎは血糖値を上げる!?

コーヒーに含まれるカフェインが血糖値を下げる、上げるという話を聞いたことがあるでしょうか。実はカフェインは取り方次第で薬にも毒にもなります。では一体どのような場合にカフェインを取り、どのような場合はカフェインを控えたほうがいいのでしょうか。

コーヒーと糖尿病の関係

ある発表ではコーヒーを飲む人と飲まない人を比べたところ、コーヒーを飲む人のほうが糖尿病になる確率が低い、ということが分かりました。これは糖尿病予防にコーヒーが役立つということですが、勘違いするのはコーヒーが糖尿病を改善すると言うことです。

コーヒーにはご存知のようにエスプレッソやブラック、カフェオレ、カフェラテなど様々な種類があります。コーヒーが予防してくれるのは糖尿病予備軍の人で、さらに言えばコーヒーに砂糖やミルクをたっぷり入れるのは間違いです。血糖値はコーヒーを飲むか飲まないかだけではなく、生活習慣や食生活にも左右されます。

血糖値が上がっている人のコーヒー

確かにコーヒーは糖尿病予防には言いとされているのですが、高血糖の人はブドウ糖の量に注意することが第一です。血糖値が高い人がコーヒーをたくさん飲めば言いということではなく、コーヒーは実は血糖値やインスリン濃度が下がるのに時間がかかるように作用してしまうのです。

ですからコーヒーをどうしても飲みたいと言う人は食前、食事中、食後ではなく、空腹時に飲んだほうが血糖値に影響が出ないのです。血糖値の高い人の中にはコーヒーに何も入れない状態でも手が震える、血糖値が上がるという場合があります。

実はコーヒーにも100ml中0.7g程度の炭水化物が含まれます。炭水化物は血糖を挙げる原因となりますが、わずかですからそれほど問題になりません。

ですが砂糖やミルクをたっぷり含む缶コーヒーなどの場合は血糖値をあげることになりますし、カフェインによる中毒症状もありますので注意しましょう。糖尿病にかかっている、血糖値が高い人は、カフェインレスのコーヒーに切り替えるなど工夫してみてください。