空腹時にビールの一気飲みをすると血糖値が高くなる

アルコールは血糖値を挙げる原因となりますが、に大活躍のビールはどうでしょうか?。ビールと血糖値の関係について、またビールを飲むタイミングについてみてみましょう。

糖質の多いビールは血糖値を上げやすい飲み物

最近テレビCMで糖質OFFというビールを見かけないでしょうか。ほとんどのメーカーがカロリーと糖質を抑えたビールを販売しているのですが、実はビールは他のアルコール分に比べて糖質が非常に高い飲み物です。

果実酒なども糖質は多いのですが、たくさんの人が飲み、乾杯に使われるビールは特に注意したい飲み物です。血糖値が安定していたり、体重が標準以下だったり、たくさん飲まない人や血糖値を下げる薬を飲んでいない人、インスリン注射をしていない人などは特にビールを飲んでも影響はありません。

ですが血糖値が高い人やすでに糖尿病の治療を受けている人はビールを飲む場合注意が必要です。空腹時に乾杯のつもりでビールを飲むと言う人がいますが、実は空腹時のビールは胃にダメージを与えますし、冷たければ胃の機能を弱めてしまい、消化不良を起こします。

また空腹時に糖質を取ると、糖質だけが胃で消化されてあっという間にブドウ糖に変わって吸収されていきます。すると血糖値は急激に上昇してしまうのです。

血糖値を上げないビールの飲み方

実は寝る前にアルコールを飲んだ人は朝起きたときに血糖値が下がっていた。おつまみを適量食べてからビールを飲んだ人は血糖値があまり上がらない。というデータがあります。就寝前にアルコールを飲むと、肝臓が働き、糖を使ってアルコールを分解します。

だから寝る前にアルコールを取ると、朝起きたときの血糖値が下がっていると言うことです。ですが寝る前のお酒は熟睡できないということもありますので、控えた方がいいでしょう。またビールの飲みすぎは体に毒になりますので、飲みたいと言う場合は糖質0のビールに切り替える、空腹時に飲まないなど工夫してみてください。

血糖値が気になる方に!!

健康の為に食生活を変えたい!! でも変えられない(>_<)
そんなあなたに世界で唯一認められた田七人参、「白井田七」を!
(白井田七は国際有機認証団体より有機認証を唯一取得した田七人参です)

白井田七の詳細はこちら