血糖値測定器の正しい使い方

血糖値測定器を使って自宅で測定を行うという人は多いです。糖尿病において血糖値をコントロールすることは、合併症の対策にもなりますので、とても大事なことなのですが、ここでは正しい血糖値測定器の使い方を考えてみます。

血糖値測定器を使うことの意味を知っておこう

血糖値測定器の具体的な使い方は各測定器によってある程度の誤差はあるものの、基本的には採血をして、測定チップを本体にセット、血糖値を測定するという形になります。

あまり難しいことではないので特に解説することもないのですが、測定をする上で重要なポイントはしっかりと採血することですね。採血をする時には針を刺すことになるので痛みが伴うものです。

この痛みがイヤだからと言って採血をする時に量が不足してしまうと、血糖値を正しく測定することができなくなってしまいますので、注意が必要です。

また、血糖値測定器を利用するというのは、毎日の血糖値のリズムを知ることにあると言っても過言ではありません。食事をした後をピークに血糖値は減少していくものなのですが、この流れを知ることによって自分の血糖値がどのように変化しているのかを知ることができます。

上でも少し触れましたが血糖値をコントロールすることは、そのまま合併症のリスクを減らすことでもあるので、採血が苦になることがあるかもしれませんが、毎日行うことが大切です。特に最初の内は1日でも数回測定することで数値をグラフ化することができますので、目で見てわかりやすい形にすることができます。

血糖値を測定することでモチベーションをあげよう

血糖値測定器を用いて測定することで糖尿病治療を進めるためのモチベーション維持に繋がると考えられています。一般的に糖尿病治療では食事療法や運動療法を中心としている上、自覚症状そのものがないことから治療が進んでいるのかどうかわかりにくいと言って良いでしょう。

そこで治療を進めるためのモチベーションがどうしても続かないという人も多いのですが、血糖値測定器を用いることで毎日測定することができるので、治療の進み具合を確認することができます。この毎日確認できるというのが、糖尿病治療において重要なことだと考えて良いでしょう。

参考:血糖値測定器はどこで購入できるの?