血糖値を下げる原因

血糖値は食事を摂取すると急激に上昇しますが、その高い血糖値を抑える為にすい臓よりインスリンが分泌されます。このインスインは血糖値を下げる唯一の成分であり、飢餓状態の際に血糖値を上げる成分は逆に複数あります。

血糖値が下がる原因

人という種族にとって空腹時が長かった為ですが、このインスリンを分泌するすい臓は日常的に多量に分泌するようになると負担になってしまいます。

最終的に血糖値が高い状態が持続するとすい臓の機能が低下してしまいますので、血糖値を下げる事が出来なくなり糖尿病になってしまいます。その為、血糖値の下げ方のシステムを学ぶと共に、すい臓への負担を減らす方法を考える必要があります。

すい臓への負担を減らすには体外から直接インスリンを注射する療法が効果的ですが、それ以外にも食事で血糖値を下げる事が出来るようにする方法もあります。

まずは血糖値を急激に上げる炭水化物の摂取を控え、野菜の摂取を多くします。キャベツや玉ねぎ、りんごなどの果物が効果的とされていますので、そういった野菜や果物類を積極的に摂取し、炭水化物なしでも満腹感を得る事が出来るようにしましょう。

血糖値を下げる方法

血糖値を下げることは簡単ではなく、今までの生活習慣の結果が高い血糖値に表れています。その為、急激にライフスタイルを変えるのではなく出来ることから行っていく必要があります。血糖値は体内のシステムで下がるようになっており、高い値である場合はインスリンの分泌能力が低下している事を意味します。また血糖値を下げるには血糖値を下げる食物の摂取が効果的な方法です。

キャベツや玉ねぎといった野菜類は血糖値を下げる効果がありますし、調理の方法でその効果は変化していきます。ただ血糖値を下げることだけを考えていると、逆に低血糖のリスクも出てきてしまいます。頭痛や意識の喪失、集中力の低下などといった症状がありますので、血糖値の下げ過ぎにも注意が必要なのです。