低血糖が原因で昏睡状態に陥ることもある!?

糖尿病患者や血糖値が高い人にとって、日常的にどうやって血糖値を下げるか考えることも大切になっていきます。その為、血糖値を下げすぎてしまう場合もあり、その結果低血糖になってしまい身体に負担をかけてしまう場合もあります。

低血糖のリスクを知っておこう

低血糖になった場合は発汗や動悸、不安感などといった症状が出てきますが、これらは体が発信している低血糖への危険信号です。

最終的には意識の低下といった状態になってしまいますので、低血糖症状が出た場合吸収の良いブドウ糖を摂取するなど対応が必要になっていきます。また血糖値が高い場合血糖値を下げるインスリンの服薬や食事療法など行っている場合も多く、血糖値を下げやすい環境にあります。

その為、血糖値が正常である人は食事などの配慮をする必要がありませんが、血糖値のコントロールを行っている場合は血糖値に配慮しつつ行動する必要があるのです。また血糖値の値53ml/dl以下になると動悸やふるえなど症状が出てきます。

ただ突然昏睡状態に陥ることは通常なく、その前に不調のサインが体に出てきますので血糖値は体を正常に維持する為に対策は考えておきましょう。

血糖値を上げる方法はあるのか?

血糖値を上げる方法は体に吸収しやすいブドウ糖などを口に含む方法が効果的で、ブドウ糖を多く含む飲み物など飲むのもいいですね。低血糖状態には段階があり一気に昏睡状態まで陥ることはそうありません。体は不調に陥るとサインを送るようになっています。

元々低血糖になりやすいリスクがある場合は、ブドウ糖を常備しておくなど緊急時の対応がすぐに出来るようにしておきましょう。低血糖は危険な状態ですが対応策さえきちんとしていれば問題なく日常生活を送る事が出来ます。

生活する上でどういった行為が危険であるか把握し、そういった時どうすれば良いのか医師に相談しておきましょう。アルコールの摂取なども制限が出てきますが、それまでの負担が体に出た結果ですので体を休める期間と考えて対応しましょう。