アルコールの飲み過ぎが原因で低血糖になった!

アルコールには本来カロリーがあり、お酒のおつまみなども食べることから血糖値は上がるとされていますが、多量に飲酒することで血糖値を下げる場合もあります。

アルコールを飲むと血糖値は下がる

アルコールは百薬の長とも言われており、少量の飲酒であれば血液をサラサラにする効果などもありますし、健康には良い飲み物です。ですがアルコールを飲むことで気分が大きくなってしまったり、節制しにくい精神状態のもなりやすいですので注意が必要です。

またアルコールは肝臓で代謝されるのですが、糖質も肝臓で代謝されます。しかもアルコールの代謝は糖分の代謝より優先順位が高いですのでアルコールを代謝している間は糖分の代謝が進みません。その結果、アルコールを多量に飲酒している場合は唐新生が抑制されてしまい低血糖の症状が出る、ということになってしまいます。

アルコールを摂取している時や食事を長時間食べていない時など低血糖の症状が起きやすく、特に糖尿病で血糖コントロールをしている人は注意が必要になります。アルコールを短期間に多量に摂取するケースだけではなく長時間に大量に飲酒しても同じですので、アルコールの摂取量には注意しましょう。

アルコールを飲んでも血糖値を下げない方法

糖尿病である場合、飲酒の量は少なくする生活を維持することが改善のポイントになります。また飲酒量だけではなく、糖質ゼロのものや蒸留酒など血糖値を上げない飲み物を飲むなど注意が必要です。飲酒の際は少量で適度な飲酒にとどめ、おつまみも少量にするなど落ち着いた飲み方をすることが望ましいです。

本来糖尿病などである場合はアルコールは飲まない方が望ましいですが、禁酒がどうしても出来ない場合はコントロールをしつつの飲酒は可能です。

医師と相談の上どのような酒をどの位飲んで大丈夫なのか、確認していきましょう。飲酒している時は気分が良くなり、小さい事は気にならなくなる場合もありますので自制が難しい人は禁酒を考えた方が良いかもしれません。