上がった血糖値が下がらない原因

上がった血糖値が下がらない原因はすい臓の機能低下にあります。元々血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありませんので、そのインスリンを分泌するすい臓の機能が低下してしまうと血糖値を下げる働きも低下してしまうのです。

血糖値が下らない理由

人間は空腹の歴史が長い種族ですので、血糖値を上げるホルモンは複数ありますが下げるホルモンは一種類しかありません。その為、一つの機能が低下してしまうと調整が難しくなってしまうのです。

対策としてはインスリンを体内に摂取し、すい臓でインスリン分泌を少なくする方法などがあります。すい臓への負担は血糖値を上げる食生活を控えることで少なくする事が出来ますので、血糖値の心配がある場合は食生活の見直しなどを行っていきましょう。

食生活においても血糖値を上げやすい食材や上げにくい食材などありますので、食生活で注意していくと、血糖値を安定させる事が出来ます。一度すい臓の機能が低下してしまうと回復には時間がかかりますし、血糖値を急激に上げすぎる生活は逆に血糖値を急激に下げやすい状態とも言えます。

その為、低血糖のリスクも増えてしまい、生活に支障をきたすようになってしまいますので、生活上で血糖コントロールは重要なのです

血糖値が下らないと体はどうなるか?

また糖尿病の初期症状としては糖尿病性神経症があり、この状態では体のしびれや知覚障害などが出てきます。

自律神経失調症なども合併するケースもあり精神的な不安感なども出てきますので注意が必要な状態です。血糖のコントロールをする為には、日常的にバランスの良い食生活を送ったり運動習慣を付けるなど血糖値を下げる習慣を付ける必要があります。

アルコールや喫煙習慣を辞めるなどの工夫も大切で、特に喫煙は糖尿病の発症リスクを高めますので、まさに百害あって一理なしと言って良い習慣なのです。アルコールに関しては百薬の長という言葉があるように、調整さえすれば逆に体の状態が良くなる場合もあります。

禁煙すると体重が増加してしまう場合もありますが、これは食事のコントロールができていない結果によるものですので、喫煙習慣がある場合はまずそちらを止める事を考えましょう。