症状無自覚性低血糖になると手足が痺れていても自覚がない!?

無自覚性低血糖では自律神経の異常により起こる手足の痺れなど、本来起こる低血糖症状がでにくい状態になります。

無自覚性低血糖では自覚症状がない

手足のしびれなども低血糖症状の一つですので本来は手足の痺れなども感じるはずです。ですが無自覚性低血糖である場合は意識の喪失など介護が必要な状態にまで一気になってしまいます。

この無自覚性低血糖は低血糖の期間が長い場合や、自立神経に異常がある場合などに起こりやすい状態です。低血糖状態では集中力の低下なども起こりますので、低血糖かもしれないと感じたら糖分を補給する、そういった生活をすることになります。

低血糖にならない方法としては、食事の回数を増やすなど低血糖にならないよう工夫をする必要があります。本来食事は一日三回ですが低血糖になりやすい場合は食事間隔が長いと低血糖になりやすいです。

また低血糖であるということは血糖のコントロールが出来ていない事を意味します。その為一度の食事で多くの糖分を摂取する事も難しくなりますので、定期的に少しずつ糖分を補給していくことになります。一日六回など倍の数に増やすケースもありますし、生活に合わせて調整していくことになります。

無自覚性低血糖での危険

無自覚性低血糖では低血糖の初期症状が出にくいのが特徴ですので、一気に重篤な状態にまで陥ってしまいます。その為、自動車の運転を始め移動中に低血糖になる可能性もあり、緊急時の対応や低血糖にならない為の備えが必要になります。

特に車の運転は危険ですので運転前に糖補給を済ませておくなど対策は必須となります。また低血糖の改善方法は食事療法や運動療法がありますが、血糖値がさがりやすい状態とも言えますので注意しましょう。

無自覚性低血糖の場合、急に低血糖症状が起こる場合も多いですので、通常の生活でも注意する習慣をつけていきましょう。心配に感じたら対策をすぐ行う、低血糖の危険を回避する為には、そういった安全第一の習慣を付けておく事も大切なのです。