空腹時の血糖値が高いと糖尿病を発症するリスクが高まる!?

空腹時の血糖値が高い場合は食後の血糖値はさらに高い数値になり、空腹時でも血糖値が高いということになります。

空腹時血糖が高いと糖尿病になりやすい理由

空腹時の血糖値が高い原因としてはインスリンの分泌機能が低下していることです。この空腹時の血糖値は100未満が正常値であり126以上になると糖尿病と言われています。

血糖値が正常である場合は食事の後のインスリン分泌になり血糖値は下がっているはずですが、空腹時血糖が高いということはインスリンで下げきれなかったという事を意味します。この状態では境界値であっても血糖値が高い状態を維持していることになりますので、糖尿病の発症リスクは高くなります。

空腹時血糖が高いということは食後の血糖値はさらに高い状態ですので、空腹時血糖を下げるには食事の際に血糖値を上げる食材の摂取を控えることが大切になっていきます。血糖値を上げる原因は糖分の摂取ですので炭水化物を控えたり糖質制限をする事も効果的な方法となります。

その他の食物繊維の摂取などバランスの良い食生活に努めていきましょう。糖尿病は毎日の生活習慣の積み重ねですが、生活習慣を改善することで回復の余地は十分あります。空腹時血糖が境界値である場合はこれ以上悪化しない為の努力が必要になります。

空腹時の血糖値を下げる方法

空腹時の血糖値が高い理由は、血糖値を下げる機能であるすい臓の機能低下が原因です。すい臓の負担を減らす為に、食生活の改善や運動を行うことで血糖値を下げるなど行動をしていく必要があります。血糖値を下げるにはカロリー制限も有効ですがそれ以外に糖分の摂取を制限する方法の方が効果的です。

また食後20分から30分間ほどのウォーキングでより血糖値を下げる事が出来ますので、運動習慣を付けることもいいでしょう。毎日が忙しくその時間が確保出来ない場合も、移動中の歩行の強化などでも筋肉量を増やす事が出来ます。空腹時の血糖を下げるには血糖値を下げる行動を積極的に行い、行動することが重要なのです。