高血糖状態が続くと合併症の危険性が増す!

高血糖が続くと糖尿病になることはよく知られていますが、糖尿病で恐ろしいことは、合併症になることです。

この合併症にはいくつか種類がありますが、その多くが重篤なものであり治療するのはとても大変になるので、決してこれを軽視せず、糖尿病の合併症にどんなものがあるのか、また対処法はどうすればいいかについて、あらかじめ学んでおかなければなりません。

糖尿病特有の合併症について

糖尿病における合併症にはいくつかの種類がありますが、ここでは糖尿病特有の合併症について取り上げてみます。まず糖尿病網膜症と呼ばれるものがありますが、これは眼底の血管に異常をきたす病気で、自覚症状がないまま進行することが多いのが特徴で、ひどい場合には失明してしまう可能性があるほど恐ろしいものです。

また糖尿病腎症も合併症の一つですが、これは腎臓に障害が起きる病気ですが、症状が進むと腎機能生生涯が悪化して透析が必要になります。

さらに糖尿病神経障害もありますが、こちらは足先のしびれに始まって全身の神経に障害が出る病気ですが、感染や血流障害などで身体の一部が死んでしまう糖尿病性壊疸になる恐れがあります。以上、糖尿病に特有の合併症を挙げてみましたが、いずれも重篤な症状に至る危険性があるため、注意しておかなければなりません。

合併症の予防対策とは

さて、それでは合併症の予防対策としてどのようなことを行ったらいいのでしょうか?基本的に大切なことは血糖のコントロールを行い、血糖値を正常にしておくこと、そして血圧もできるだけ正常に保つことが必要です。

血糖値のコントロールでは、ふさわしい食事療法を続けること、脂肪体質にならないよう注意すること、禁煙、禁酒を行うこと、海草や野菜など食物繊維を積極的に摂ることが大切です。

血圧を正常に保つうえでは適度な運動が必要ですが、体がなまけて筋力が低下してしまわないように気をつけなければなりません。このように合併症の種類と特徴を知り、また予防対策の仕方をよく前もって心得ておけば、血糖値を正常化して合併症を防ぐことができます。