糖尿病性ケトアシドーシスの原因と症状

糖尿病性ケトアシドーシスは、糖尿病における急性症状の1つです。そもそも糖尿病にかかると、インスリンの働きが鈍くなってしまいます。インスリンとは血液の仲にあるブドウ糖を代謝するためのものですね。

このインスリンの働きが不足する、または働かなくなってしまった場合、人間の身体はエネルギーを得ることができなくなってしまいます。つまり、ブドウ糖の代わりにどこからかエネルギーを調達しないと、人間の身体は生命維持ができなくなってしまいます。

そこでブドウ糖の代わりに代謝されるのが脂肪です。もともと脂肪は体内の糖分が不足した時のために蓄積されるものなので、自然な成り行きだと言えるでしょう。しかし、脂肪を代謝してエネルギーを補充することで1つ問題が起きてしまいます。

それは脂肪を代謝するとケトン体と呼ばれる物質が蓄積することです。ケトン体が蓄積することで体内のpHは酸性へと傾いてしまうのです。この体内が酸性化することをアシドーシスと呼びます。つまり、ケトン体によるアシドーシス、それが糖尿病性ケトアシドーシスだと考えることができます。

糖尿病性ケトアシドーシスの症状には何があるのか

糖尿病性ケトアシドーシスは1型糖尿病で起こることが多いと言われており、基本的な症状としては高血糖の時と同じ症状である頻尿や多尿、喉の渇きなどに加えて、悪心や嘔吐なども引き起こしてしまいます。

他にも重度の脱水状態になることもあり、その場合は疲労感などを感じることがあるそうです。時には昏睡状態に陥ったりすることもあり、酷い時には命の危険性まである深刻な症状であると言って良いでしょう。そのため糖尿病性ケトアシドーシスが起こった時には早急に適切な治療を受ける必要があります。

糖尿病性ケトアシドーシスの原因はどこにある?

糖尿病性ケトアシドーシスが発症してしまう原因としては、糖尿病治療を途中で中断してしまうことが代表的です。他にも暴飲暴食を繰り返してしまったり、感染症による高熱から発症するケースもあるそうですね。

また、上でも書いたように1型糖尿病患者に見られます。何らかの理由によって食事ができないようなケースで、食事をしていないのならインスリン注射をしなくて良いかと判断したところ、糖尿病性ケトアシドーシスが発症してしまうという形ですね。