食事してもすぐに空腹感を感じると反応性低血糖の危険性がある!?

反応性低血糖とは、ブドウ糖を補給した後の血糖値が急激に上がりその後血糖値の低下も急激な状態である状態を言います。

この状態では血糖値の急激な変化が起きるのが特徴であり、不安感やイライラなど感じる場合が多くあります。中には統合失調症やパニック障害などの診断を受ける場合もあり、血糖の急激な変化は脳にも影響を与えています。

反応性低血糖と空腹感

食事をしても二時間ほどで急激な空腹感を感じる場合、この場合はインスリンの分泌が正常でないケースもあります。この場合糖尿病である可能性が高いですので危険な状態と言えます。

糖分を補給した事によりインスリンが分泌され、血糖値を下げるのは自然な働きですが、反応性低血糖では血糖値を下げすぎてしまう事が問題となります。インスリン分泌が過剰になってしまっており、血糖値が正常になってもインスリンが分泌されてしまい、その結果低血糖になってしまうのです。

この低血糖の対策は予防を行う事が最大の治療方法になります。低血糖の原因は食事量が少なかったり不摂生である他に運動量が多く血糖値を下げてしまったり、インスリンの不適切な使用などがあります。その為、バランスの良い食生活の他、運動前に捕食を摂るなど血糖値を下げすぎない工夫が必要になります。

食後すぐの空腹感が出る理由

食後すぐに空腹感を感じる場合、インスリンが過剰に分泌されてしまい空腹を感じるのが早くなっている可能性があります。この状態では血糖値が下がってもインスリンが分泌されてしまいますので、反応性低血糖の可能性が高いです。

糖尿病の治療は血糖のコントロールをすること、重篤化を避ける為に予防が主な対策となりますので、食後すぐに空腹感を感じた場合、医師に相談するなど対応策を考える事が大切です。

糖尿病はすい臓に負担をかけすぎた結果であり、早期に対応するほどすい臓へのダメージも少なくなります。体に負担の少ない生活に切り替えることで血糖値は正常にする事も出来ますし、これ以上の体へのダメージも控える事が出来ます。

糖尿病の合併症が起こった場合身体に大きな影響が出る場合も多いですので、その前に対策を行う為にも毎年の健康診断は必ず行いましょう。