高血糖症状がある時に家で出来る対処法

食後は誰でも血糖値が上がりますが、健康な方なら食後2時間を過ぎたら140mg/dL未満に戻ります。

しかし高血糖の方の中には食後数時間たっても血糖値が戻らない方も多いようです。空腹時の血糖値が126mg/dLを越えると糖尿病と診断されますが、それ以下の方でも食後の血糖値だけ異常に高いまま下がらない事もあります。

この空腹時と食後の血糖値の差が大きな状態がグルコース・スパイク(食後高血糖)で、俗に隠れ糖尿病とも呼ばれています。

主な高血糖に関する症状について

一般的な高血糖同様、食後高血糖でも症状が表れづらいのですが、食後にだるくて眠くなったり、目がかすむ等の症状が出る事もあります。他には異常に喉が渇いて水を大量に飲んだり、尿量や回数が増えるなど高血糖に共通する症状が出る事もあります。食後高血糖は空腹時の血糖値が正常値の範囲内の場合もあり、健康診断などで見つけづらいかもしれません。

1型糖尿病の方が高血糖になる原因は大半がインスリン摂取不足です。血液が酸性になるケトアシドーシス状態になると意識が朦朧としたり特徴的なクスマウル呼吸などの症状が出ます。

高血糖症状が出た時の家庭での対処法

ご家庭で高血糖の症状が表れた際の対処法ですが、まずは脱水状態を緩和するためにお茶や水を摂取します。食後高血糖を放置したままにすると糖尿病に移行しやすく、動脈硬化にもなりやすいので、何らかの対処が必要です。

まず食事療法で、ご家庭において毎日の食事の主食が白米なら玄米、白いパンならライ麦パンなど、精製されてない低GIの食品に変えるだけでも効果的です。あとは運動療法で、食後30分ぐらい休憩した後の軽い散歩などで食後高血糖に対処します。

1型糖尿病の方に高血糖の症状が出た場合は、インスリンを注射します。同居しているご家族の方ができるよう、あらかじめ使い方を予習しておくと良いかもしれません。ケトアシドーシスの症状が出た場合、家庭だけでは対処しきれないので、すぐに医師の診察を受けた方がいいでしょう。

血糖値が気になる方に!!

健康の為に食生活を変えたい!! でも変えられない(>_<)
そんなあなたに世界で唯一認められた田七人参、「白井田七」を!
(白井田七は国際有機認証団体より有機認証を唯一取得した田七人参です)

白井田七の詳細はこちら