食事と運動で正常な血糖値に改善しよう

過度にカフェインなどを摂らない事

血糖値を改善するにあたってバランスの良い食事を取る事はもちろん必要ですが、どんなに朝昼晩の食事を正しく摂っていても、カフェインやアルコールなどを過度に摂取していたら改善は難しいです。

例えばご飯は野菜も多く健康的なのに、毎日缶コーヒーお酒をがぶ飲みする、食後にお菓子を沢山食べる……みたいな事をしているようでは、血糖値は上がる一方で改善されません。

偏った栄養分の摂取は血糖値にとって毒ですから、もしコーヒーやアルコールやお菓子を多く口にしているなら、まずはそれらを控える事から始めて下さい。そして血糖値が低い場合は、カロリーやエネルギーの摂取が平均を下回っている場合が多いので、人並み程度のカロリーとエネルギーを摂取するための献立などを考えると良いでしょう。

血糖値が高いなら食事を控えて下げるよう努める、血糖値が低いなら人並みの養分を体に取り入れるためにもっと食べる、という考えを持って下さい。

運動で血の流れを良くする

運動をしてエネルギーを放出すると、体はエネルギーを欲しがるようになるのですが、この体がエネルギーを欲しがるという活動は大変重要なのです。運動を全くせずに体を動かしていないとどうしても血の流れが鈍り、エネルギーを放出せずただ摂り入れるだけになって結局は高血糖、そして肥満などに繋がっていくのです。

ただ、血糖値が一時的に高くなる食後などに急激な運動などをするのは体に良くないので、食事と運動の時間を効率的に組んで両立する事も肝心な要素になるでしょう。

血糖値が高い人なら、散歩など簡単な運動でも良いのでなるべく体を動かして、エネルギーを放出する事をまず考えて下さい。そうすれば高い血糖値が下がっていくはずですし、エネルギーの取り込みと放出を効率良く行えば血の流れがよくなり、血糖値の改善に繋がります。

もちろん低血糖の人でも運動をして汗をかけば血糖値は平常になりますし、兎にも角にも血糖値の問題を含め自分の体を健康的に維持するためには、適切な食事と適度な運動が必要不可欠、という事ですね。