睡眠不足だと血糖値はあがるって本当?

睡眠不足だと血糖値が上がってしまう・・・と言われていますがそれは真実でしょうか?また、なぜそんなことがおきてしまうのでしょうか?そこには体内の神秘のメカニズムが隠されているようです。

睡眠不足と血糖値の関係

実験で健康体である人たちに、熟睡できない環境で過ごしてもらい血糖値を測ったところ、明らかに血糖値が上昇していることが分かりました。

インシュリンはホルモンの一種で体内の血糖値をコントロールしています。寝不足だとこのホルモンがうまく分泌できずに血糖値が上がってしまうのです。ただし、睡眠不足で血糖値が上がっても、その後に十分睡眠をとると血糖値は改善されていました。

高血糖が続くと糖尿病になってしまう

血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病になってしまいます。糖尿病になると夜間のどが渇くのでますます寝不足になって、結果的に悪循環が続くことになってしまいます。

また、糖尿病になると疲れやすく脳梗塞や心筋梗塞など様々な合併症を引き起こします。高血糖は全身の健康に重大な被害を及ぼす結果になるのです。

いつも寝不足で眠い人は高血糖の可能性が高い

寝不足の人の何割かは高血糖の可能性があります。さらにその中に糖尿病の潜在患者がいる可能性もあります。高血糖にしても糖尿病にしても早期の治療が肝心です。不眠症を改善することでインシュリンの出がよくなって糖尿病予備軍から解放されるのでいつも眠い人は医師に相談することをおすすめします。

糖尿病だけでなく無呼吸症候群という病気が隠れている場合があります。これは睡眠中に呼吸がとまってしまい、熟睡できない病気です。太っている人に多い病気ですが自分では気が付かないケースもあります。

睡眠不足だと空腹になって間食をしてしまう

寝不足だと食欲をコントロールするホルモンがうまく働かなくなってしまいます。するとお腹がすいて夜食欲モリモリになってしまう事さえあり得ます。夜中に食べた食事は当然血糖値を上げ肥満になっていきます。肥満になった体はあらゆる病気を招きかねません。

睡眠不足がインシュリンの出を悪くして、おそろしい合併症を招きかねないということは十分推測できます。糖尿病になるとやがて全身の血管が動脈硬化を起こしてしまう可能性が大きいです。

動脈硬化を起こすと全身に十分血液が供給されなくなるので高血圧や脳梗塞、心筋梗塞、ガンといった深刻な病を引き起こしてしまいます。そのためにも夜いかに良質の睡眠をとるかが非常に大事になってきます。不眠状態でいるということはあらゆる病の元凶であるともいえます。早く不眠を改善して熟睡できるようにしたいものです。