血糖値を下げる薬の種類と働き

血糖値を下げたり、すい臓の機能を改善してくれるの種類はいくつかありますが、血糖値の値により処方は変わると予想されます。また、血糖値は食事の影響も受けやすいので食事のコントロールも必要になってきます。

スルフォルニ尿素薬

糖尿病の治療で一番一般に使われています。インシュリンを合成するすい臓の細胞に刺激をあたえて、インシュリンの出を良くしてくれる作用があり、肝臓からでるぶどう糖の量を調整してくれます。常に低血糖をおこす可能性があるので注意が必要です。

長い間使い過ぎるとインシュリン注射に移行する可能性があるのでそれも注意が必要です。また服用により空腹感が強くなりますが、たくさんたべてしまわないように気を付ける必要があります。

アルファグルコシダーゼ阻害薬

これも良く使われています。食前に服用します。小腸粘膜に存在するアルファグルコシダーゼを阻害することにより、グルコースの吸収を遅くします。糖をゆっくり吸収することで、食後に高血糖になる危険を防ぎます。ききめが穏やかなので、副作用の心配が少ないのが特徴です。食事療法と併用するとかなり効果があがるでしょう。

インシュリン反応性改善薬

肥満の方などインシュリンが効きづらい方に対し、一日一回服用してインシュリンに働きかけて、インシュリンの感受性をよくして効率よくインシュリンを出すようにします。インシュリンの働きを促すわけではないので低血糖の副作用が少ないのが特徴です。

インクレチン関連薬

高血糖になり始めると血糖値を下げてくれるという大きな特徴があります。従来のものは血糖値を下げる事だけに着目されていたので低血糖の副作用が大きかったのですが、そのようなリスクを改善しています。

単独ではなく併用して使えるものも多く、今後の普及がみこまれています。中には重症の腎機能障害、肝機能障害の方には使えないものも含まれているので、処方時には注意が必要です。

ビグアナイド系

肝臓でぶどう糖が作られるのを抑えて、腸からのブドウ糖の吸収を抑えます。食欲を抑える効果があるので食べすぎる方や、スルフォルニ系の処方剤が効かない方に向いています。

糖尿病の治療はなんといっても食事療法です。食べ過ぎ、ハイカロリー、甘い物などすべて控えめにしなくてはなりません。食事をしっかりコントロールすることで、効果的に治療ができます。また病院で栄養相談なども行っていますので、栄養士に相談してしっかり食事計画を立てることも必要です。