血糖値を改善させる運動とは

健康診断で血糖値が高いと言われたなどで普段から健康を気にするようになった方、1日に1時間程度の運動で血糖値を改善できる方法があります。基本を押さえれば意外に簡単な方法です。

なぜ運動すると血糖値が改善するのか

血糖値が高いと糖尿病になりやすいと言われています。ですが他にも高血圧になりやすい、体重が増えやすくなる、血液がドロドロになることで心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなるなど糖尿病以外の病気の原因にもつながります。これらの病気を予防する方法の一つが体を動かすことです。

主な理由としては体を動かすことで筋肉も一緒に動かし、筋肉を動かすことでエネルギーを使い、エネルギーを使うことでブドウ糖を使います。ブドウ糖は血液の中にあり、エネルギーを使うと血液中のブドウ糖の量が減ります。血液中のブドウ糖、つまり血糖が減るから血糖値が下がるのです。

肥満気味の人の場合は、元々体内のインスリンの効きが悪くなっています。体を動かすとインスリンの効きが良くなり体重が減るきっかけになります。体重が減少するとそれに伴いインスリンの働きが良くなるので、肥満気味の人は体を動かすことで直接的、間接的にインスリンの効き目が良くなります。つまりインスリンの効き目が良くなることに伴い血糖値を下げることができるのですね。

血糖値を改善する運動とは

改善する一番のポイントは、高血糖の時間を短くすることです。食事をし始めて30分から1時間後に、高血糖のピークがきます。このピーク時に体を動かすのが一番効果的と言われています。

一番のお勧めはいつでもどこでも始められるウォーキングです。体を動かすのが嫌いな人でも歩くだけなら始められるでしょう。天気が悪くてウォーキングができない日は、食後の後片付けなどで体を動かすだけでも効果的です。

若い人にとってはウォーキングよりジョギングの方が効果はあるように感じられますが、ジョギングは正しいフォームや靴で行わないと膝などの関節や腰への負担が大きくなる場合があります。そのため一般的にはウォーキングの方がジョギングより向いているのです。

ではどのくらいのウォーキングが必要なのでしょうか。できれば毎日続けた方がいいので、30分から1時間を目安にしてください。最低でも30分続けないと効果はないと言われています。次に速度です。少しきついが会話ができる速さを目安にしてください。また歩くときは腕を大きく振ってください。空腹時の運動は低血糖症を引き起こす場合があるので避けるようにしましょう。

血糖値を改善する第一歩は、毎日無理なく続けることです。例え短い時間でも毎日続けることが大切です。体調が優れない時の無理は禁物ですが、まずは30分を目安に始めてみましょう。体重の記録を取ると減量が励みになるかもしれません。”