血糖値が低い時の症状と対処法

健康な方の血糖値はインスリンとグルカゴンにより70から120mg/dL程度に保たれています。これより高い血糖値はもちろん、低すぎる血糖値も問題です。特に血糖値が60から50mg/dL未満だと、様々な障害が起こる恐れがあります。

異常に血糖値が低い状態と症状

まず血糖値が70mg/dL以下だと強い空腹感を感じ、あくびや悪心などの症状が表れます。血糖値が50mg/dL以下になると無気力感が強くなり、計算ができなくなったりします。

さらに血糖値が30mg/dL以下まで低い状態だと、意識を失ったり痙攣の症状が出たり昏睡状態に陥る事もあります。糖尿病で普段から血糖値が高い方の場合、それほど低くない血糖値100mg/dL程度でも低血糖となり、障害が生じる事もあります。

血糖値が低くなる原因は、まずインスリンや経口血糖降下薬の効き過ぎがあります。1型糖尿病の方はグルカゴンなど血糖値を上げる機能も不十分な事が多いようです。普段から炭水化物や甘い物が大好物で血糖値が高めの方は、食事後に大量にインスリンが分泌されて血糖値が一気に下がり、低血糖になりやすいようです。

他にも食事量の不足や間食のし忘れ、ブドウ糖を消費する飲酒、激しい運動などの原因があります。

異常に血糖値が低い場合の対処法

低血糖時の対処法ですが、まだ自覚や意識がある状態でしたら、ブドウ糖や砂糖を10gぐらい摂取するか、それらを含むジュース等を150から200mL飲みます。意識がないほど血糖値が低い場合は、近くにいる方の助けが必要です。

ブドウ糖や砂糖を口に含ませたり、歯茎や唇に塗ります。あるいはグルカゴン1バイアル(1mg)を注射します(1型糖尿病の場合)。これらの措置は応急措置ですので、その後速やかに医師の手当てを受けて下さい。

意識がなくなるほど血糖値が低い時には協力者が必要です。予めご家族やお友達に対処法を説明しておくようにします。日本糖尿病協会発行の糖尿病患者用IDカードがあると、救急隊員もすぐ気づいて適切な対処をしやすくなります。角砂糖やブドウ糖などと一緒に外出時の携行をお勧めします。