血糖値は高くないのにHbA1は高いと身体にどんな影響がある?

健康診断などでHbA1Cの値が高いから注意をしなさいと言われた人もいるはずですよね。このHbA1Cとは何を意味するのかというと、直近2ヶ月程度の血糖値がどうだったのかというものです。血液検査において血糖値が低くても、このHbA1Cが高いと危険とされる理由を考えていきましょう。

HbA1Cをもう少し具体的に知っておこう

HbA1CのHbとはヘモグロビンのことを指します。御存知の方も多いでしょうが、ヘモグロビンとは赤血球に含まれるたんぱく質のことであり、酸素と結合することによって全身に酸素を運ぶ役割をしてくれるものですね。

このヘモグロビンですが、実はブドウ糖とも結合する働きを持っています。ブドウ糖と結合したヘモグロビンのことをヘモグロビンA1Cと呼ぶのです。

つまり、血糖値が高いというのは血液中にブドウ糖が多い状態を指しており、ヘモグロビンはどんどんと結合していくことになります。結果、HbA1Cの値が高いということは高血糖の状態を作っていると言っても過言ではありません。

血糖値が低くてもHbA1Cが高いってありえるの?

血液検査における血糖値の数値というのは、基本的に採血をした時点で血液中にどのくらいのブドウ糖が含まれるかでしかありません。健康な人であっても血糖値というのは食前食後において大きく数値が変わるものであり、血液検査をする時のタイミングによっては高血糖と呼ばれる数値を出してしまうこともあります。

しかし、血糖値は高くてもHbA1Cが低いということであれば、普段からはそこまで高血糖の状態になっていないと判断することができるのです。

基本的に健康診断などで血液検査を行う場合は空腹時血糖値といって食事の後数時間経過した状態で測定されることになります。ですので、高い数値が出た時は高血糖を疑われてしまうのですが、軽食をとった後でなどのタイミングだと血糖値が高くなっているかもしれないと考えて良いでしょう。

HbA1Cの数値が高いというのは恒常的に血糖値が高いことから、空腹時血糖値が基準内であったとしても、糖尿病に近い状態だと考えて良いでしょう。