低GI値食品には食物繊維やミネラルが豊富!?

低GI値食品はカロリーの低さに目が行きがちになりますが、食生活で取り入れる上でのメリットはそれだけに留まりません。特にポイントとして高いのは食物繊維やミネラルなども豊富に含まれている点で、血糖値の上昇を抑えると共にダイエットをサポートする働きが期待できます。

食物繊維とは何?

食物繊維とは食物に含まれている消化されない成分のことを指しています。一般的には野菜などに繊維が多く含まれている事が知られていますが、それ以外にもわかめなどの藻類やキノコなどの菌類にも含まれており、必須栄養素ではないのですが身体の健康を保つために必須な成分として盛んに摂取が勧められています。

繊維が豊富な種類としては野菜類でかんぴょう・切干大根・エシャロット・しそ・パセリ・ごぼうなどが挙げられ、意外なところでは飲み物の抹茶にも繊維が多く含まれます。

特に低GI値食品で考えた時に穀物が気になるところですが、繊維が多い種類としては大麦(押麦)・オートミール・とうもろこし玄穀・コーンミールなどが挙げられます。普段の食事では白米に押麦を混ぜて炊く麦飯を食した場合に急激な血糖値上昇を抑えることに有効です。

ミネラルについて知っておこう

ミネラルとは無機質のことを指しており五大栄養素の1つに含まれています。種類としてはナトリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などが広く知られているのですが、それ以外にも数は多く16種類にも及びます。

人間は生きていく上でこうした成分の摂取が必須であり、身体に取り込む量が少ない場合は欠乏症が生じる事がありますので、生命活動を維持させるために重要な成分です。

またミネラルは生命活動の維持だけに必要になるだけでなくダイエットにも欠かせない成分で、細胞の新陳代謝を高めて血行を促進させるなどエネルギー消費に大きな役割を果たします。

低GI値食品にも成分が多く含まれており、カルシウムやマグネシウムであればひじき・わかめなどに、鉄や亜鉛であればレバーや牡蠣などが豊富に含まれています。