GI値の高い食品ばかり食べていると血糖値が高くなる!?

GI値の高い食品は基本的に人間が美味しいと感じる物が多くなります。そのためダイエットにおいては我慢する事が難しくつい手を出す事もあれば、カロリーばかり気にして血糖値については考えが及ばない方も多く見受けられます。

また日本特有の食文化として丼物のように炭水化物を高い割合で摂取する事もあるのですが、GI値の高い食品ばかり食べていると食事後だけでなく普段から血糖値が高くなることがあります。

食事と血糖の関係について

食事により摂取した炭水化物は体内で消化されブドウ糖に変化します。このブドウ糖は身体を動かすエネルギー源となるものですが、直ちに細胞に送られる訳ではなく体内で分泌されるインスリンと呼ばれるホルモンの作用により血液中から細胞に送り込まれたり脂肪などに変わる事になります。このインスリンはすい臓から分泌されるもので、食後の血糖を調節し下げる役割を担っているのです。

GI値の高い食品ばかり食べる事による変化

ではGI値の高い食品ばかり食べるとこの体内の仕組みにどのような変化が生じるのでしょうか。まずインスリンは食事を行なうとそれに反応して分泌される事になるのですが、血糖が上がりやすい食品ばかり食べると大量のインスリンが必要になり分泌量が増えていき、やがて分泌が追いつかなくなり血糖を調整する仕組みが上手く作用しなくなります。

血液中に糖が溢れる一方で細胞などエネルギーを必要とする所に届かなくなり、血糖が高い状態が続く糖尿病に陥る事になるのです。

糖尿病とは恒常的に血糖値が高くなる病気で、血液中の糖が増加すると初期の段階では無症状ですが、やがてのどの渇きや大量の尿を排泄する状態になり、さらには低血糖による意識障害や昏睡に至ることもあります。

またインスリンが分泌される仕組みが壊れると体外からインスリンを注射する必要があります。徹底した食事制限と共に腹部への注射も日に何度も行うことになり、こうした状況に陥る以前に食生活を改善する事が大切になるのです。