血糖値とGI値(グリセミック指数)の関係

血糖値が高い人は食事療法や運動療法を行うことによって、血糖値をコントロールしていくことが一般的です。しかし、毎日続けて行くのは難しいもので、どうしても食べたくなるという時もあります。

そうした時に意識しておきたいのがGI値という数値です。GI値とは何かと言うと、各食材がどれだけ血糖値を高めるのかというのを数値にしたものになります。つまり、GI値の低い食材を選んだり、GI値を下げる食材を利用することで、効率良く食事を楽しむことができるようになるのです。

血糖値とGI値であるグリセミック指数の関係

そもそも血糖値というのは、食事をすることで上がるものです。何故なら食事をした後に食材を消化、代謝することで人間の身体は糖分を吸収するからです。この糖分は血液に乗って全身に運ばれていくのですが、インスリンが正常に分泌されていれば時間経過ともに下がっていきます。インスリンが上手く働かない、不足しているというのが高血糖の状態になります。この血糖値の上昇具合を表すのがGI値ですね。GI値は食材ごとに変わるので、血糖値のコントロールに非常に有効だと考えられています。

最近では血糖値のコントロールだけではなく、GI値の低い食材はゆっくりと消化、吸収されていくことがわかっており、ダイエット効果にも期待されています。端的に書いてしまうと、腹持ちの良い食材が低GI値だと考えて良いでしょう。また、食材の中にはGI値を下げる働きを持っているものもあるので、上手く利用することで高GI値の食材も負担なく食べることができます。

GI値の低い食品で行う血糖値コントロールの良し悪し

低GI値の食材を利用することで血糖値を必要以上に高くすることを予防することができるので、現在では特に2型糖尿病の患者さんに勧められています。

栄養バランスが取れた食事をすることも大切なのですが、低GI値の食材を知ることによって、食事そのものを楽しみながら血糖値のコントロールを行うことができるでしょう。ただし糖質制限をしすぎてしまうと、いわゆるリバウンドしやすい身体を作ってしまいますので、あわせて運動療法を行うことも大切です。