GI値に気を付けた食事でダイエットをしよう

ダイエットと一口に言っても様々なものがあるのですが、最近では糖質制限ダイエットというものがあります。糖質制限ダイエットとは何かと言うと、食事をする時にGI値の低い食材を使ったものを意識して食べるというものです。

基本的に人間が食べたものは代謝されることで、糖質に変換されます。糖質は血液を通して全身に運ばれることになるのですが、ここで使い切れなかった分は脂肪としていつでも使えるようにため込んでいくのが人間の身体です。血糖値にしてもインスリンの働きで時間経過とともに下降していきます。

この時、低GI値の食品なら血糖値の上昇がゆるやかになり、さらには消化にも時間がかかることから、腹持ちが良いのでお腹が空きにくいというメリットが出てくるのです。これを利用したのが糖質制限ダイエットになります。基本的にGI値の低い食品には健康に良いものが多いので、美容面でも期待することができるでしょう。

GI値の低い食材を使ってダイエットすることの注意点

GI値が低い食材を使ってダイエットをするのは良いのですが、ここで1つ覚えておきたいのは、GI値の低い食材にとらわれすぎないようにすることです。

肉や魚、野菜や果物というのはGI値が低いものもあり、日常的にも使うことができる食材なので、非常にお手軽に始めることができるダイエットだと言えます。しかし、ただGI値が低いものを食べていれば痩せるものでもありません。基本的には太りにくくなるものだと考えておくと良いでしょう。

GI値を下げる効果を持つ食品も知っておこう

食材の中にはGI値を軽減させる効果を持ったものもあるので、それを覚えておくことで、より効率的にダイエットの効果が期待できるはずです。代表的なのがお酢食物繊維、乳製品になります。

これらの食品は食事の最初に食べることで血糖値を下げたり、急激な上昇を防いだりもしてくれます。ここにビタミンやミネラル、たんぱく質などをバランス良くとることを考えてください。一般的な糖尿病食よりは、かなり自由度が高い方法なので今後はますます広まっていくかもしれませんね。