血糖値が上がると人と喋るのが嫌になる!?

血糖値が上がると精神面が不安定になる

血糖値が上がると人と喋るのが嫌になる、という症状に陥るケースも稀にありますが、これは血糖値が上がる事で感情が不安定になり、その落ち着かない感情のせいで人と話すのが嫌になる、という事態に陥ってしまうのが主な原因となります。

血糖値が高いとストレスを感じやすくなったり、人によっては血糖値を下げるために食事制限を強いられ、それもまたストレスを与える要素の一つになります。

ただでさえ高血糖で悩んでいるのに、食事制限や病気になる可能性で更にストレスが増す訳ですから、人と話すのも億劫になるという感情になってしまうのも無理は無いのかもしれません。

また、血糖値の高い状態が続くと更に感情が不安定になりますから、ずっと高血糖が続いている人は会話はもちろん人間関係が億劫になる事もしばしばあるでしょう。もちろん感情的な面に関しては、アドレナリンの分泌なども原因となっていますし、人と話すのも嫌だ、という症状を治すには血糖値を下げるしか方法は無いと思われます。

人の話すのが嫌なのは気持ちの面が大きい?

高血糖でなおかつ人と話すのが嫌になる場合は、先ほども説明した通り気持ちの面が影響している可能性を考慮した方が良いでしょう。

と言うのも、人と話すのが嫌になるというのは一種のストレスですが、常にストレスを溜め込んで神経が尖っていると、それは血圧を圧迫する原因になってしまうのです。そして血圧が圧迫されると血糖値も不安定になりますから、そのせいで更に気持ちが乱れて人との会話が嫌になる、という悪循環に陥る訳ですね。

ストレスは精神面の悪化や糖尿病に繋がらないと思われがちですが、ストレスというのは血の流れや体内の成分の分泌問題に大きく悪い影響を与えますから、なかなか油断出来ない状態なのです。

もし人と話すのが嫌になっているなら、これ以上ストレスで血の流れを乱さないように適度なストレス発散が必要になるはず。逆に言えば、ストレスの無い生活を送って少しでも血の流れを良くすれば、人間関係も良好に築けるようになっていくでしょう。