血糖値が高くなると眠気が起こりやすくなる!?

血糖値の不安定さが眠気の原因になる

まず、血糖値が上がったり下がったりを繰り返している状態の場合、この不安定な乱高下のせいで体内のエネルギーなどが正常に機能せず、それが原因で低血糖の症状や高血糖の症状を発症してしまいます。

そして高血糖の場合は眠気を含め様々な症状を発症する事になってしまう訳です。もちろん、普段から高血糖の人はやはり眠気に陥りやすくなりますが、基本的に高血糖の場合はインシュリンの分泌などが上手くいっていない場合がほとんどです。

そして食後は誰でも血糖値が上がってそのうち低下して平常な数値に戻るのですが、血糖値が不安定な人や高血糖な人は、食後に血糖値が急上昇しやすいだけではなく血糖値もなかなか下がらないので、これが影響して高血糖の人などは食後にやたらと眠くなってしまう可能性が高いです。

良くご飯を食べると眠くなると言いますが、これは食後に血糖値が上がるからであり、もしも食後の眠気が異常なほど消えない人は間違いなく高血糖に陥っているでしょう。

血糖値が高いほど眠気が起きやすくなる

少し血糖値が高いくらいなら、そこまで眠くなる事はないかもしれませんが、血糖値が高ければ高いほど長く深い眠気を引き起こしてしまいますので、結果的にこれが集中力の乱れや無気力に繋がってしまい、人によっては鬱などになる事も少なくありません。

もちろん血糖値がとても高いのなら、眠気以外にも様々な悪影響を体に及ぼしますから、重度の眠気に悩んでいる人は注意が必要であり、一度医者に相談してみる事を強くオススメします。

そして高血糖が原因で起きる眠気の改善方法ですが、これはもちろん規則正しい生活と正しい食生活を過ごす事に他なりません。

また、甘いものをなるべく控えてお菓子や炭水化物も摂取しないようにして、十分にエネルギー管理をした方が得策です。とにかく血糖値の上昇は大変危険なので、栄養のある野菜などを中心に食べて血糖値をコントロールし、眠気などの症状が治まるようにする努力は必ず必要です。