血糖値の急激な変動は体にも変化が現れる?

血糖値の急激な変化は体にダメージを与える

普段低い血糖値が突然高くなる、逆に高かった血糖値がガクンと下がる……と言った現象は大変危険であり、体に大きなダメージを与えますし精神面にも悪い影響を与えます。

確かに血糖値が異常なら平均的な数字に戻す必要はありますが、無理なダイエットなどで血糖値を下げても、血糖値の不安定は吐き気、頭痛、冷や汗、手の震えなどの症状を引き起こしてしまいます。

難しい話を省いて説明すると、とにかく血の流れというのは高血糖、低血糖、そして血糖値の不安定、どんな事でもとにかく少しでも異常状態になると体に毒となり、特に急激な変化が起きるとインスリンの分泌などが上手くいかず、体の様々な機能が正常に動かなくなってしまうのです。

もし血糖値が低いから沢山カロリーを摂取する、血糖値が高いから何も食べない……など極端な事をすると、間違いなく体に異常を来すはずです。

血糖値は安定させるのが常識

血糖値が突然上がったりすると、もちろん糖尿病などの病気にかかるリスクも増えますし、血糖値を急に下げてしまうと無気力になったり集中力が低下したりと、精神面にも多大な影響を及ぼしてしまいます。

少なくとも血糖値の急激な変動に体が付いていける事はまずありえない訳ですから、とにかく血糖値は常に安定させる事を心がけて下さい。特に食後や運動の後は血の流れが盛んになっていますから、食後と運動後は血糖値のコントロールが特に必要になります。

とにかく血糖値の急激は変動は必ず体に変化を及ぼし、その変化は悪い影響しか無いと断言してもいいくらいに悪い影響ばかりが出るようになります。

例え血糖値を正常値に戻したいと思っても、無理な運動や食生活は厳禁と考えて、常識的なペースと方法で通常の血糖値を取り戻す努力をしてみて下さい。軽度なら頭痛や冷や汗くらいで済むかもしれませんが、血糖値の異常というのは脳卒中などの重病に発展する可能性がゼロでは無いのです。