自宅で血糖値を測定する血糖値測定器

糖尿病の治療を進めていく上で、血糖値のコントロールをすることは必須です。しかし、血糖値というのは常々変化しているものであり、いつも一定の数値を示す訳ではありません。

特に薬物療法などを行っていると、その数値の動き方は複雑になるので、コントロールすることも難しくなってしまいます。そこで自宅でも血糖値を測ることは非常に大切だと考えられています。

「自宅で血糖値を測定する血糖値測定器」の続きを読む…

血糖値測定器はメーカーによって誤差がある?

血糖値を測定する時、いかに正確に測定できるかが1つのポイントになります。とはいえ毎回正確に測定するのは非常に難しく誤差が生じてしまうのが現状です。

実際、国際規格で誤差の基準が設けられており、この範囲内であれば問題ない誤差とされています。つまり誤差が出るのはしょうがないと考える必要があります。

「血糖値測定器はメーカーによって誤差がある?」の続きを読む…

精度の高い血糖値測定器がほしい!

血糖値を測定する理由、それは毎日の血糖値を正確に把握するためです。ここで重要になってくるのが血糖値測定器の精度の高さです。

極端な例になりますが精度が低く、まったくでたらめな血糖値を表示するような測定器を使っていては毎日の測定が無意味になってしまいます。自身の健康状態を正確に知るためにも測定器の精度は重要な要素になります。

「精度の高い血糖値測定器がほしい!」の続きを読む…

指以外で血糖値を調べる測定器はないの?

血糖値を調べる時、採血をする箇所は指先というのが一般的です。病院などで指導を受ける時も医師の大半が人差し指をはじめとした指先から採血するように言います。

ですが指先は痛みに敏感な箇所のため採血時に痛みを感じることも少なくありません。痛みの感じ方には個人差がありますので人によっては測定をするのが嫌になるほどの痛みを感じる可能性もあります。では、採血は必ず指先でなければいけないのでしょうか。

「指以外で血糖値を調べる測定器はないの?」の続きを読む…

針は刺したくない!無痛で血糖値を調べる測定器が欲しい!

血糖値を測定する時の最大のデメリットが痛いということで、血糖値の測定をしている方にアンケートをしてみても痛みを理由に血糖値の測定をしたくないという方は非常に多くいます。

血糖値を測定するためには血液を必要とし、そのためには針を体に刺して出血させなければいけません。そのためにどうしても痛みが伴うのですが痛くない測定器はあるのでしょうか。

「針は刺したくない!無痛で血糖値を調べる測定器が欲しい!」の続きを読む…

糖尿病予防のために血糖測定器を用意しよう!

糖尿病を予防するためには毎日の血糖値が重要になります。血糖値が高いと糖尿病になるリスクも大きくなりますので毎日血糖値をチェックすることは予防法として非常に効果的です。

一般的に血糖値を測定する場合、病院に行って測定してもらうことになりますが自宅で簡単に測定する方法もあります。その時に使うのが血糖値測定器です。

「糖尿病予防のために血糖測定器を用意しよう!」の続きを読む…

血糖値測定器の購入時は保険を適用できる?

血糖値測定器を購入すれば自宅でも簡単に血糖値の測定が可能になりますが、その費用に関しては保険の適用が可能になるのでしょうか。

保険が適用できるかどうかで経済的な負担が大きく変わりますのでしっかりと把握しておきたいところです。結論から言うと保険適用されるかどうかは自身の状況によって違います。自分が適用されるかどうかを知っておきましょう。

「血糖値測定器の購入時は保険を適用できる?」の続きを読む…

血糖値測定器にかかる消耗品のコストは?

血糖値測定器は測定器本体があれば測定できるわけではありません。血液を必要としますから血液を採取するための針、そして血糖値を測定するためのセンサーの2つが必要になります。

これらは本体のように同じものを何度も使えず1度使ったら破棄しなければならないいわゆる消耗品に該当します。消耗品ということは定期的に補充しなければならず、それには当然お金がかかります。この消耗品にかかるコストをランニングコストと呼んだりもしています。

「血糖値測定器にかかる消耗品のコストは?」の続きを読む…

病院と自宅の血糖測定器ではどれくらいの誤差がある?

血糖値の測定の方法は大きく分けて2つ、1つは病院で測ってもらう方法ともう1つは自分で測る方法です。

どちらも血糖値測定器を利用して測定するのですが病院で測った時と自分で測った時では違い、つまり誤差が出ることがあります。なぜ誤差が出てしまうのか、そしてその誤差はどの程度のものなのかを見ていきましょう。

「病院と自宅の血糖測定器ではどれくらいの誤差がある?」の続きを読む…

痛くない箇所で採血をして血糖値を測定したい!

血糖値を測定するためには血液が必要になりますから必ず機器を使って血液を採取することになります。

血液の量はわずかでいいとはいえやはり痛みが伴い、痛いから自分で血糖値の測定をするのは嫌だという方は実は非常に多いのが現状です。しかも多い時なら1日に数回、これを毎日行うわけですから痛みに耐えるというのも大変です。 「痛くない箇所で採血をして血糖値を測定したい!」の続きを読む…